なみだ

りりー

あぁ、、

なんて、良い歌なんだろう。。
思わず、身体が揺れる。
思わず、口ずさむ。

なんて、ステキな笑顔なんだろう。。心をこめて、歌おう。
せいいっぱいの、生きる力を。
もう少しの間だとしても、、

なんて、あったかいんだろう。
やわらかな肌、きれいな目。

突然、なみだが込み上げる。
つられて、私の目もうるむ。。

握った手を、離せないでいた。
離してしまったら、消えてなくなってしまいそうだった。


そうして、気づいた。
この温もりは、『消えゆくもの』ではなく、『今、在るもの』だということに。


なみだは、あたたかかった。

なみだ

ついこの間起きた実話を元に、書いてみました。感動が薄れないうちにと。表現が、すこし難しかったけど、まあまあ良い感じです。はい。

なみだ

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 青春
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC