意味不明

秋桜空

これから何があるのか 分かって逃げる 自分
これから何があるのか 分からずに進む 人間

私も結果が分かっていたら 逃げなかったのに
でももう言い訳はいらない これが私の進む道

あの人はそう思うのか この人はどう思うのか
でも今更どうでもいい 私は私だけの道を持つ

疲れて休むだけ このような所に来る事になる
這い上がる時間 ここで過ごす余裕は私にない

全員 あともう一日でも生きたかったと思うか
そうではないだろう でも私はそう考える一人
だからなくなると分かっている命はいらないな
あと大切にするべき時間は 残っていないから

放送が 私の名前を呼ぶとき とうとう来たか
これが 私の寿命の尽きる時 世界とのお別れ

さようなら 水 さようなら 光 私は幸せだ
さようなら 風 さようなら 外 ありがとう


私は必ず出て来られない あなたと会う日まで
その時私がどんな姿か あなたに分かりますか

意味不明

意味不明

【初出:文化祭2015】 何を考えていたのだろうか、去年の私は……。

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC