狂ったのは君のセイ -銀土-

アイマスク

狂ウ俺ヲ見ツメル御前

──明かりをつけましょぼんぼりに


「嫌だ…ッ…やめてくれっ」


──お花をあげましょ桃の花


「頼む……,頼むって…」


──五人囃子の笛太鼓


「銀…っ、銀時っ…!」


──今日は楽しい雛祭り

「うあぁぁぁぁぁぁっっ!!!!」


なぁ、土方。
なんでそんな怯えた目で俺を見るの?
俺がお前を愛してるのが、まだ伝わらない?

俺はお前が必要だ。
だから、お前も俺が必要だろ?当然だよな。

俺たちは二人で一心同体。
な、そうだろ土方。
俺が居なきゃお前は息することすら出来ない。俺がいるから生きていられるんだよね。

なぁなぁ、土方。
土方熱いの好きだったよな?
さっきの蝋燭垂らしも、良い顔してたよ。

火炙りは流石に怖い?
そっか、じゃあ煙草で根性焼でもしようか。

大丈夫、
土方なら我慢出来るよ。

だって、俺の土方だもん。


俺は土方以上に土方を知ってるよ。
土方の気持ちいい所や、いじめてほしいところ、ぜーんぶ。こんなに銀さんはお前を愛してるのに、何でそういう目をするの?


おかしい?
俺。


そりゃおかしくもなっちゃうよ。


だって、土方可愛いんだもん。



土方が悪いんだ。
全部。



俺をここまでおかしくしたのは土方、お前自身なんだよ。自覚は無かったか…。

だから責任取ってね、最後まで。


ふは、ようやくわかったみたいだな。


土方は俺の言うとおりに生きていけばいいんだよ。



お前の隣を歩くのは、俺だ。



-fin-

狂ったのは君のセイ -銀土-

狂ったのは君のセイ -銀土-

土方が大好き過ぎておかしくなる銀時。ヤンデレ要素あるので苦手な方はブラウザバックで……

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-03-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 狂ウ俺ヲ見ツメル御前
  2. 2