王道ラブコメなんて信じない15

野菜の音

うるさい。まるで天変地異が起きたかのような狂騒だ。ゲーム筐体からの音に加えて客の声が大きいのなんの。
「うわぁ…。ここのゲーセン明らさまに治安が悪い」
昭和の不良高校にいそうな髪型の奴とかもいるが、
「そこはどうでもいい。早く追うぞ」
「そうはさせない。お前ら見慣れない顔だな……っ!」
「見慣れない顔でごめんな思わずイラッときたからクリティカルヒットさせといたから」
脇腹に蹴りを入れて昏倒させておいた。一応累計200万部以上は売れている小説家だ。見慣れないってのも腹が立つ。
「せめて最後まで喋らせてからにしようよ」
「さっさと終わらせたいから…」
だって、早く帰って沢山依頼料を貰いたいんだから
「そんな、『僕はやることやってるのになんで説教するの?』的な視線を送るのやめてよ」
「うわっ!サタンが来たよっ!お前ら早くここから出るぞっ!」
あ、それは言わないで欲しかった。足尾と2人で「繁華街で絡んでくる不良を100人倒してみた」って動画を撮った時にそんなあだ名をつけられたんだよ。再生回数が100程度だったのが少し悲しかった。
「シーン」
「先生。やることないからって人がいないのを声で表現しなくていいですから」
「私はお前らの安全を考えて来たのだがやることないようだな…。どうせ、私は用無しですよ…」
俺は洋梨は好きだから…ってそれは関係ないか、
「気を取直して行きますか」
「吉岡さんも大概だね」
金髪と委員長は何も気にしていない素振りで先へ進んだ。不良は文字通り唖然呆然。開いた口が塞がってない。
「ストーカー野郎見つけたっ!ってあれ?」
「野郎では無いね」
2階に行くと巨乳でモンストにいたアイリスってキャラに似たような服装の女がいた。
「あなたたち何しに来たのかしら?」
「下にいた雑魚を倒したからラスボスを狩りに来ただけだ。さぁ!覚悟!」
「馬鹿野郎。何がさぁ!覚悟!だ。普通に話せないのかお前は」
西宮先生に頭を小突かれた。ノリだよ。ノリ。
「ちょ、落ち着いて?私は二人の親から頼まれて普段の様子を撮ってくるように頼まれただけだよ」
先ほどの高貴な感じが微塵も感じないような慌てぶりだった。
「キャラ変わり過ぎ」
「ギャップあり過ぎですね」
「色々気になる箇所が…」
不良、委員長、金髪が矢継ぎ早に畳み掛けて
「とりあえず若作りのつもりだけど若く見えないよあと胸はパッ―」
西宮先生に思いっ切り蹴り飛ばされた。
「星宮君のは完全にトドメの一撃だったね」
「まぁ、そう簡単にくたばらないのが俺なんだけどな」
受け身をしっかりとったからな。これくらい余裕。
「とりあえず何でここに来たのか教えてくれない?ここは異人以外は立ち入るのが厳しいと聞いたのだけど…」
「その異人が居るから入れたんですよ。ね?星宮君」
「まぁ、そうかも知れないな…っておいっ!誰が異人だって?偉人の間違いじゃないのか?」
「ノリツッコミ上手いな」
「二人が不審者にストーキングされてるって苦情きたんでとりあえずやめて下さい」
「そ、そんな…」
「それじゃあ、お願いいたします」
「大変失礼しました。主にその異人が」
「不良。倒置法で人を傷つけるのやめたら何か欲しいもの買うからやめてくれ」
あっさり、終わって
「何か凄い適当に終わらせたねー」
金髪のその言葉で依頼は解決。あの女の名前聞いてないな。まぁ、どうでもいいか。

王道ラブコメなんて信じない15

野菜「5の倍数の話数ではあとがきやるよー」
星宮「久しぶりの更新だな」
野菜「そうだねー。最近は投稿する時間とかモチベーションが減ってたんだけどまた復活したからね」
星宮「転校生はアイドル!?の更新がほとんど止まってるけどどうなんだ?」
野菜「三作品(転校生はアイドル!?、王道ラブコメなんて信じない、竜と神と人間と)の投稿をしてネタが浮かんだ順に更新をしてるの」
星宮「プロットを作ったのに参考にすらしてないだろ?」
野菜「予定はあくまでも予定。変わるのが世の常だよ」
星宮「それよりカクヨムで投稿してる竜と神と人間とには転校生はアイドル!?の木戸光とこの小説の主人公の俺が出てるんだな」
野菜「うん。そうなんだけど宣伝臭いからやめようね」
星宮「今までの振り返りをするが、ヤンキー達を倒して幽霊屋敷に行ってゲーセンで散らかすだけ散らかしたって感じか?」
野菜「そうだねー。14話に関しては13話と同じ内容をコピペしてたの。書き直したからあれは今後の伏線に繋がるよ」
星宮「あの不良と俺が仲良くなるのか?ありえない」
野菜「さて、ここで宣伝!カクヨムからお客様です!」
御門「カクヨムで竜と神と人間との主人公をしてる御門だ。カクヨムでは星空文庫の作品を掲載している。僅かだが、手直しもしている。それに星空文庫では掲載終了をした短編が短編集として投稿されてるから暇なら見てくれよな?作者の黒歴史でもあるんだ。笑ってくれ」
野菜「さぁ!次回予告を星宮くんお願いします」
星宮「次回。星宮海斗死す!ってこれなんだ!」
野菜「お楽しみ!(予告は嘘です)」

王道ラブコメなんて信じない15

偶然という名の必然により集まった捻くれ者とその仲間が起こす不思議な学園ストーリー

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-03-19

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND