片思いはカジュアルに

ヒロマル

片思いの風は、歌の羽根をよく回す。

始まりはナチュラルに

昨日までクールな奴で通ってて 自己管理には自信があった--



おはようと挨拶されただけなのにリズムに乗って跳ねる心音

おかしいな 何故か気付くと目で追って すれ違ったら振り返ってて

楽しげに他の男と話してる 背中全部が耳になってる

体温と心拍数を引きずって 面と向かえば上がるテンション

できるだけ普通に接しようとして なんだか変に冷たくなって

遠くからぼんやり背中見ていたら三度目は名を大きく呼ばれ

帰り道 やけに夕陽が寂しげな今日に限って道づれもなく

寝る前の瞼を閉じた暗闇に浮かぶポニテの跳ねる様とか



--「違うぞ」や「勘違いだ」と言い聞かす 毎度おなじみ恋の始まり

心はアンスタブルに

認めよう この症状はアレルギー ある特定の女子に対する--


繰り返し会う度ごとに確かめる ああもうダメだやっぱそうだな

専用の脳内ハードディスク内 オートセーブで溜まる画像は

枝を這う勘違いしたイモムシが輝く星を見上げるように

グランドの小さな影に手を伸ばし 我に返って手首を振って

繰り返し喉につかえて出ないもの 「す」から始まるたった二文字

不器用に指を絡めて手を繋ぐ夢から醒めて
叫んで二度寝

読み上げの緊張気味の「I LIKE ……」にすら騒めくバカな心臓

一介のクラスメイトの振る舞いを重荷に思うスクールライフ



--見上げれば飛行機雲が空を裂く 僕ら二人を隔てるように

思いはステディに

伝えれば何かが変わる そのことが僕を飛び切り臆病にする--


野良猫に残したパンをあげながらふと呟いたあの子の名前

はい?なんて背後で返事 驚いて尻餅付けば猫は爆走

気づいてた?
いやそんなこと……あるけれど
(ちょっと何だよこの状況は)

あの、実は話があるの
えっ?僕に?
最近なんか冷たいじゃない?

何かこう、気に障ることしたかなー
違うよ!そんな……そうじゃないんだ

問題は君ではなくて僕の方 あー何をどう言えばいいのか

一度しか言わないからな、よく聞いて
僕は!あなたが!
まあ、その……なんだ

取り敢えず、怒ったりしてないのよね?
……怒ってないよ (好きなだけだよ)


--じゃあ明日
うん、じゃあ明日
手を振ればカラスがバカにしたように鳴く

告白はストレートに

ああダメだ このままにしちゃ会う度に変な感じになってしまうし--


もやもやと湯船の中で考える 潜って泡を吐いてみながら

真っ暗な部屋の天井 不随意に再生される今日のあの場所

ああそうだ 覚悟を決める時が来た 出口は既に前にしかない

帰り道、昨日の場所に来て欲しい
今度は僕が話しがしたい

先に着く また野良猫にパンをやる 今度は僕が名前呼ばれる

振り向けば息を切らせた君がいて 謝る声が遠く聞こえて

会うまではできないかもと思ってた
だけど会ったらすごく自然に

好きなんだ それを悟られまいとして変な態度になってごめん


--驚いて俯く君の唇が小さく動く


いいの、わたしも……

片思いはカジュアルに

片思いはカジュアルに

片思い 猫に相談する家路

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-03-18

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 始まりはナチュラルに
  2. 心はアンスタブルに
  3. 思いはステディに
  4. 告白はストレートに