間接的に愛を

ぷぽ

眠れない夜を知らない
口元が緩まない友人を知らない
煙草の煙りが伸びていく空を知らない

色のないくちびるを鮮やかに拒否する
飾る毎日を持つ特権と知らなくていい幸せを持つ特権
いつまでも分かり合えないと微笑んでね
美しい生活を渡り歩く君の短く切られた爪が好きだった

間接的に愛を

間接的に愛を

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-03-06

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted