恋に時代はいらない。

暁夜

タイムスリップ

初めまして、私は高宮怜、高校2年生です。
私は両親から虐待を受け、友達にも裏切られ、もううんざりで、
親から離れるために、隣の県まで引っ越して、今は一人暮らしをしています。
「ここまでこれば、私のことを知る人なんてさすがにいないよね…」
実は私の父親はある組の組長をしており、犯罪を犯して一度逮捕されたんだ。
テレビでもニュースになったから、たくさんの人がしってるってわけ。
縁はもうきった。

「ねえ、あれってもしかして…」
…やっぱり知られていた…。
なら何処に逃げてももうダメでしょ?
なら…

死んで楽になった方がマシだ。

今私は山の崖に立っている。
もうどこに行ったって変わらないなら死んだ方がマシだもの。
「さよなら。」

キキキキキィィィイー

「!?」
物凄く耳が痛い音がする。
私は目をつむった。

音が止んで目を開けると…
「え?」
辺りは木の建物。
人はみんな着物で、侍がいて、刀を持っている。
「うそっ…ここは…何処なの?ま、まさか…私タイムスリップしたの…?」
呟いた瞬間目の前が揺れ、目をつむる…

新撰組 ‐君は誰?‐

目をそっと開けると、さっきとはまた違う場所で、大体朝の7時くらいの明るさだった。
「…どうしよ。早くかえ……私がいなくなったって誰も心配なんてしない。それに、…」
私は立ち上がり
「私死のうとしていたじゃない。なら、こっちで死んだ方が…いいじゃんか。」
私は森の中に入り歩いていく。森を抜けると、目の前には海。
「…あそこへ行こう。」
丘のほうへ行き、飛び降りようとすると…
「おぃ、お前死ぬ気か?」
腕をつかまれ、ふりむくと、男がいた。
「そうだけど。あなた誰?私が死ぬことに文句なんてあるの?離して」
「お前家族や友人が泣くぞ」
この人はなにをいっているの?私に居場所なんてない。
「別に誰も悲しんだりしない。私に帰る場所なんてないもの。とにかく離して」
「ッチ」
…今舌打ちした?と思っていたら、急にお腹あたりが痛み、意識が遠のいていく。
「うっ…」
「おとなしくしてろ。」
私は殴られ、意識を手放した…

―――――――――――――――――

「いっ…」
私は目が覚め、起き上がると、自分は布団で寝ていた。
当たりを見回すと、どこかの家のようで、床は畳と、和室だった。
「ここはどこ…?」
襖が開き、人が入ってくる。
「あ、目覚ました?いやぁ、歳がいきなり女の子連れてくるもんだからほんとビックリしたよ~」
誰なの、この人は…
「まぁ、目が覚めたならついてきて」
私は黙って立ち上がりついていくと、ある、部屋の前でとまった。
「沖田です」
「入れ」
中から声が聞こえ、襖をあけ、中に入ると、丘にいた人がいた。
「近藤さん、目覚ましたよ」
近藤さんと呼ばれた人は、うなずき
「そうか、それは良かった。歳のは痛いからなぁ。まぁ、座りたまえ」
私はその場に正座をし、
「ここはどこですか。」
私は周りにいた人たちに問うと
「ここは新撰組だ」
新撰組…あの有名な。なら、ここにいる人たちはやっぱり…
「それで、君名前は?」
近藤と呼ばれる人にいわれ、
「高宮怜です…」
「ふむ。では怜君。歳から聞いたが君は死のうとしていたらしいな。なぜだい?」
なんでそんなこと聞いてくるの。
「なぜそんなことを聞いてくるのですか。私が死のうが勝手じゃないですか。」
私は立ち上がり、部屋をでようとすると、
「おぃ、どこへいく」
丘で殴ってきた人にいわれ、
「どこでもいいじゃないですか。」
私は振り向かず、そのまま走って外へとでた。後ろからの声を無視し、走ると、川の前におり、
「川…か。」
近くにガラスの破片があり、腕を少しきり、私は川に腕をいれ、意識を手放した。

・・・

恋に時代はいらない。

恋に時代はいらない。

高校2年生の怜がタイムスリップしたのは幕府!?歴史の人物達と出会い誰と恋の落ちる?

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 恋愛
  • 時代・歴史
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-03-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. タイムスリップ
  2. 新撰組 ‐君は誰?‐