休むに似たり

セレソン28

 昼食のあと、休憩室で仮眠をとるのが緑川の日課だった。緑川の会社では男女それぞれの休憩室に喫煙ブースと横臥用の畳室がある。禁煙して三年になる緑川は喫煙ブースには用がないので、食後すぐに畳室の方に行って横になる。以前は寝過ごして上司に怒られたりしたこともあったが、最近では30分すると自然に目覚めるようになった。
 だが、あいにくその日は畳室が満員だった。幸い、喫煙ブースに誰もいなかったので、しばらくそこで待つことにした。中に入ると、空気清浄機がフル稼働しているにもかかわらず、猛烈なタバコの臭気がした。喫煙習慣があった頃には蠱惑的だったその香りが、今では悪臭としか思えない。
(しまったな。とても耐えられないぞ)
 出ようとした緑川は、ふと、ブース内のテーブルに無造作に置いてある将棋盤に目をとめた。
(またこっちに持ち込んでるのか)
 将棋のセットは、本来、畳室の方にあったものだ。喫煙者の誰かがブース内に持ち込んで、一局指したらしい。
(なんだ、途中じゃないか)
 見たところ、先手後手ともガップリ四つに組んだ状態のまま、放置されている。
(いいところじゃないか。こんな状況で、よく中断できるな)
 緑川自身、下手の横好きなので、盤面に見入ってしまった。
(こうくる。そこをこう攻める。受けられたら、こう返す)
「おお、珍しいな、緑川。禁煙は、やめたのか?」
 そう言いながらブースに入って来たのは、同僚の高島だった。
「あ、いや、違うさ。畳室がいっぱいだったんで、避難してた」
「ふーん。だが、おれはこれから吸うぜ」
「ああ、どうぞ。向こうが空いたみたいだから、もう出るよ」
 その時、高島も将棋盤に目をやった。
「へえ、いいところじゃないか」
「うん。そうだな。誰か途中でやめたらしい」
「ええと、こう来て、ああして、こうか、いや、こっちかな」
「いやいや、こうだろう」
「ええっ、それはないよ」
「だって、こうだろう」
 成り行きで、二人は続きを指し始めた。何手か指すうち、双方熱くなってきたところで、高橋がタバコに火を点けた。
「おいっ!」
「あ、すまん。気になるなら消すよ」
「違うよ。ええと、あの、ぼくにも、その、一本くれ」
 その後、せっかくの禁煙が途絶え、緑川が後悔したことは言うまでもない。
(おわり)

休むに似たり

休むに似たり

昼食のあと、休憩室で仮眠をとるのが緑川の日課だった。緑川の会社では男女それぞれの休憩室に喫煙ブースと横臥用の畳室がある。禁煙して三年になる緑川は喫煙ブースには用がないので…

  • 小説
  • 掌編
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-03-01

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted