今日も明日も明後日も

渚帆

はじめまして、渚帆と申します。
現在、甘酸っぱい青春をしておりません。
はやく春がきてほしいですww
そんな私のこれぞ青春!!な物語をぜひ!

青春の1ページ目

華のJKを想像していた私の心は雨――
 今日も雨  明日も雨  明後日もきっと――


私立夢ノ花学園、偏差値75の難関校。
私、東雲美音はこの学園に春から通っている。

中学3年間をぶっ潰しで勉強し、見事合格した。
そして、リア充になってみせる!と心で誓った。

「みおぉーん!!待ってよぉぉ!」
お昼休みの食堂前の廊下を、大声を出しながら走ってきた彼女は、私の親友「村上リンカ」。

「リンカどうしたの?」
「どうしたの?じゃないよ!一緒に食堂行こうって約束してたじゃん!」

リンカとは、おなじ1-4のクラスで帰る道も一緒。勉強も教え合う、よき親友。
「美音は忘れんぼさんなんだからっ!」
といいほっぺたをぷくーとわざとらしく膨らませた。

「ごめんごめん。さっ早く食べよう!」
「食べよーう!!」

リンカといると笑顔がたえない。すごく楽しい毎日をおくっていた。最後の青春の1ページだった。私の心は快晴の模様です。

今日も明日も明後日も

甘酸っぱい青春の1ページ。
こんな恋をしてみたいものです。

今日も明日も明後日も

高校1年生の才女と、高校1年生の天才が繰り広げる甘酸っぱい青春の1ページ。 【2人の心はなに模様??】 最後に待っている衝撃のラストに注目!

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-02-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted