ピエロの宣誓

三枝美園

どすん。
夕食を済ませ,私は自分の部屋の椅子に勢い良く腰を下ろした。
パソコンの電源を入れ,起動するのを待つ。
ふとその時,机の上に置いてあったはずのガラス細工がないのに気がついた。
「あ,割れてる・・・」
机と壁の狭い隙間で,ついこの前まで机上で笑っていた兎が粉々になっていた。
角に置いておかなければよかったと軽く後悔。
後片付けは面倒臭いので後回し。
再びパソコンの画面に目を移した。
私の名前は佐伯渚。
でも,インターネット内では沙良と名乗っている。
沙良というのは小学校時代の親友の名前。本名の「渚」を使いたくなかったから拝借しているだけ。
沙良は確か,卒業後に,カナダのトロントに引っ越ししていったはず。
送られてきたクリスマスカードには,とびきりの笑顔の沙良が写っていたっけ。
それで,私は沙良にとってはあんまり意味のない存在だったのかな・・・なんて落ち込んだりもした。
それももう昔のこと。
今は新しい友達がたくさんできて,結構充実した生活送ってる。
それに,明日は学校でスピーチの発表がある。
全校で競い合うものなのだけれど,正直あまり自信はない。
そんな不安を紛らすため,今日は友達の夏未から聞いた,怪しいサイトの噂を確かめようと思う。
夏未曰く,そのサイトのURLを入力すると,「ようこそ死のサイトへ 管理人ピエロ」という文字が画面いっぱいに出て来るらしい。
なんでもそのサイトは,管理人の質問に答えれば誰でも入れるらしく,うまくいけば大金持ちになれるらしい。
大金持ちになれる仕組みはよく分からないが,興味深い話だとは思う。
検索エンジンで,「死のサイト」が引っかかるかどうか・・・。
結果。
「一緒に自殺しませんか?」
自殺を促す内容のサイト。
「見たら死ぬ!!!超怖い!!!」
ドッキリ系のサイト。
「自殺してはだめです!」
自殺志願者が傷を舐め合うサイト。
あんまりしっくり来るサイトがないなあ・・・。
ふと気がつくと,もう6ページ目まで来ていた。
半ば諦めかけ,画面をスクロールし,それらしいサイトがなければ調べるのは終わろうと思っていた,その時。
「管理人ピエロのサイト」
ふと,その文字が目に飛び込んできた。
もしかすると,これが・・・!
クリックしてみる。
「わあっ・・・!!!」
現れたのは,画面いっぱいのピエロの顔と,「ようこそ死のサイトへ 管理人ピエロ」の血塗られた文字。
やっぱり噂は本当だったんだ・・・。
早る気持ちを抑え,enterの文字をクリックする。
すると,画面の真ん中に,文字が出てきた。
「あなたはピエロが好きですか?」
これが質問なのだろう。
私は三番目の「どちらともいえない」を選択した。

ピエロの宣誓

ピエロの宣誓

怪しいサイトの噂を耳にした高校2年生の佐伯渚は,そのサイトについて調べ始める。うまくいけば大金持ちになれるというが,果たして本当なのか?しかし,管理人の罠にはまってしまい,渚は仮想現実の世界に飛ばされてしまう。そこには,幼馴染,かつての親友,現在の友達,密かに思いを寄せる男子などを含める50人の中高生たちがいた。「これからあなたたちにゲームをしてもらいます」突如始まった理不尽なデスゲームの,その結末とは・・・?そして,管理人「ピエロ」とは,一体何者なのか?

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • ホラー
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-02-28

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted