大粒の涙

ナル

s

☆。.:*・゜


たとえ結ばれなかったとしても
あなたを愛した事に後悔はないです


ページはここで止まっていた

エピソード1

「今日からお世話に
なります峰山です」

「よろしく、峰山ちゃん」


これが私と彼の出会い。


家から10分の距離だし
時給いいしこんな理由で
決めたバイト先

バイト先の上司
ただそれだけだった



私は忘れられない恋をする

エピソード2


おはようございますから
おはように変わったのはいつだろ

優しくて、だけど表情を変えない
大人な彼に私が惹かれるのは早かった


休憩中の事務所~〜

「よし君最近どーなの??」

パートのおばさんと
よしきさんの会話が聞こえてくる

「えー、普通ですよ!
最近会ってないですし笑」

「そんなんじゃ彼女寂しいぞー?」


ふーん、彼女、いたんだ。


たいして好きじゃなかったと
勝手に気になっただけだと
忘れることにした


そんな時バイトの男の子に
告白された。

「いいよ」

別に嫌いじゃないし
あたしはいつも適当だ

なんとなくオッケー
してみることにしたのだ

大粒の涙

大粒の涙

  • 小説
  • 掌編
  • 成人向け
更新日
登録日
2016-02-23

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. ☆。.:*・゜
  2. エピソード1
  3. エピソード2