短長

ゆう

「人間てさ、長く生きすぎだよね。」



ついこないだ、友達の英美ちゃんがふいに呟いた言葉。
私はあれから、この言葉の意味をずっと考えている。

英美ちゃんはなんともなしに、ただ思ったことを口にしただけかもしれない。
この言葉を言っていた休み時間の前の授業は保健で、寿命の話をしていたからかもしれない。


人の寿命はだいたい80年…いや、今はもっと長生きで90歳くらいまで生きるんだっけ。

80年も90年もそんなに変わらない気がする。


でも、それが長いのか短いのかは良く分からない。



あの言葉を言った後の英美ちゃんに、一緒にいた加奈子は


「じゃあ英美は何歳で死にたいの?」


と聞いた。



私は突然飛び出した『死』というフレーズに少し困惑した。



けれど英美ちゃんは加奈子の質問に臆することなく


「60…70くらいまで生きれば良いかな」


と答えた。


80年と90年があまり変わらないと思った私と

70年と80年に大きな差があるように話す英美ちゃん。



10年。



10年は長いのかな、短いのかな。



90年生きる人間は長生き?


70歳で死んじゃった人は、長生きじゃない?






「人間てさ、長く生きすぎだよね。」


そう言った英美ちゃんは、まっすぐ前を見ていた。

短長

もっと長く書くつもりが、短編とも言い難い短さ…。
言葉が湧いてくるのは心地よいと同時に、上手く表現出来ないとフラストレーションが溜まっていきます。
それでも、このまま眠ってしまって、忘れてしまうくらいなら、形にしてしまおうと思えたから。



ここまで読んでいただき、誠にありがとうございます。

短長

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-02-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted