光と影に生きるものたち。

Alice

どうも、Aliceと申します。
今回、わたくし初の小説を書かせていただきます。
楽しんでみていってくれるととても嬉しい限りです。

この作品は3年ほど前から考えていました。完結までは頭の中ではいっていませんでしたが(笑)

プロフィール

≪主人公1≫

  
名前 明松 光也(かがり こうや)
身長 175.9㎝
体重 63㎏
性別 男
年齢 16歳(高1)
性格 人見知りだが慣れるとはしゃぎだし、仲の良い友達と居るとうるさい。
 

≪容姿≫

髪の毛→黒髪、短髪
瞳→茶色



≪主人公2≫


名前 雨音 影歌(あまね ようか)
身長 149.8㎝
体重 42㎏
性別 女
年齢 15歳(高1)
性格 活発的であるが、人とあまり接触したがらず愛想笑いが多い。


≪容姿≫


髪の毛→赤茶色の髪の毛、セミロング
瞳→真っ黒

常にヘッドフォンを付けている。

STORY-1-「春と桜」

STORY-1-「春と桜」

桜舞い散る季節。


4月、入学式。


私立羽陽学園高等学校。
この学校で私は一つの‘‘用事‘‘を済ませなければいけない。



雨音「光...」


待ち人を迎えに来たのだ。居てくれなければ困る。



10:23


手に握りしめている端末を見て時間を確認し、私は思い出した。



10時23分。この時間に影は光を失った。


雨音「今は...今は、探さないと」



待っていてね、明松くん____________。

STORY-2-「すれ違い想い想う二人」

STORY-2-「すれ違い想い想う二人」

俺は今、私立羽陽学園高等学校の入学式に出席している。


真新しい制服。
知り合いなど一人もいないクラスメイト。
真面目そうな担任教師。


俺の目に映るものすべてが新鮮なもののように感じられた。
それもそうだろう。
俺が育てられた環境はあまりにも...

これ以上思い出したら反吐が出そうだ。やめておこう。

それほど過酷だった。



明松「影歌...」



思い出してはいけないことも思い出してしまった。

影歌は...影歌だけは、また思い出したら寂しくなる、だから...。

影歌にまた辛い思いをさせるのは嫌なんだ。

だから、二度と...二度と彼女には会わないと、決めたんだ。



担任教師「さて、もうじき時間になります。生徒の皆さんは速やかに廊下に整列して並んでください」


彼女が来ないことをひたすら俺は願った。


その願いが叶わないとも知らずに___。

光と影に生きるものたち。

光と影に生きるものたち。

ファンタジー要素、青春、恋愛要素、アクション、時にホラー要素を含みたいと思っています。 尚、常にシリアス状態で連載していきたいと思っていますのでギャグ要素はほぼないかと思われます。

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • アクション
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-02-08

Derivative work
二次創作物であり、原作に関わる一切の権利は原作権利者が所有します。

Derivative work
  1. プロフィール
  2. STORY-1-「春と桜」
  3. STORY-2-「すれ違い想い想う二人」