桜桃 VS 私

雨之香

年上彼女 × 年下彼氏

「ね、ね、柚ちゃん」

「……」

「柚ちゃんってば」

「……」

「もう、ちょっと返事くらいしなさいよ」

「……」

「ゆーずーちゃーんー」

「……」

それでも彼からの返答はなかった。
どうしてもダメみたいだ。
この頑固者め。
これだからお子さまは困るのよね。
たかが、これくらいで。

「いつまで無視するつもりなの?」

「あなたもいつまで粘るつもりですか」

「なによ。質問を質問で返さないでよね」

腰に手をあて、自らの発言の正当性をアピールした。

「尤もらしいことを言っていても、紗綾さんが悪い現状には変わりない」

勝ち誇ったかのような冷静さで、彼は戯れ言を吐いた。

「悪いってなによ。悪者扱いされる、身に覚えはないわよ」

「そうですか。そんなに嫌なんですね。わかりました」

彼は静かに立ち上がった。そうして私の部屋を出ていこうとする。

「あ……」

“待って”

つい溢れ落ちそうになる、その言葉を私は呑み込んだ。
だって負ける気がしたから。
だから、側にあったクッションを彼目掛けて思い切り投げた。

「……」

「柚ちゃんのガキ」

そう叫んだ私は、彼を背後から抱き締めた。

「そう言う紗綾さんは頑固だ」

「だって、言ったじゃない。柚ちゃんって、そっちの方が呼びやすいんだもの。それにかわいいじゃん。ダメなの……?」

最後の方はもうすがるような声しか出なかった。
甘える猫のように彼に擦り寄って、なんとか折れてもらえるよう頑張ってみる。が、しかし。

「ええ。ダメですね。全く」

これっぽっちも歯が立たず、一蹴される始末。

「たかが、名前でしょ。気にするなんて、ガキのすることよ」

「だったら、なおさら呼べばいいじゃないですか。たかが、名前なんだろ」

突如変わった声色に、気づけば私は、ドアに押しつけられていた。

「柚ちゃん……怒ってるの?」

恐る恐る見上げれば、色欲に染まる鋭い目が私を捉えた。

「そうだな。少しだけ、イライラしてる」

「っ……」

「いつまで焦らすんだって、ね。ほら、早く呼んでください」

いつの間にか息が上手くできなくなった。
こんな彼は初めてだった。
怖くて戸惑って、目が離せない。
静かな日曜日の昼下がり。
穏やかな日の光が降り注ぐ中、私は小さな部屋の中で彼に押さえつけられていた。
それも強く、鋭く射抜く瞳を向けられて。
つい、逃げたくなる感じ。
それを悟ったのか、怒っていたはずの彼が小さな笑いを溢した。

「ああ、そうか。もしかして、呼ばないんじゃなくてーー呼べない、とか?」

挑発の仕方とか、バカにした笑いとか、わざとらしい言い回し。
そう言うのを抜きにしても、頭に血が上らずにはいられなかった。
なぜならそれは、ほとんど的を得ていたからだ。
事実に他ならないからだ。
形勢逆転の余地はもうそこにはなく、突然見抜かれた事実に私は反論する余裕さえもなくしてしまった。
そして私が彼の名前を呼べないとるに足らない理由も、きっと今の彼にはばれている。
火照っていく顔に、熱いため息が出た。

「紗綾、言って。紗綾の口から聞きたい」

「……」

「今日僕がしてほしいことは、これだけです」

そう言っていつものかわいい笑顔を見せた。

(そんなおねだりの仕方、いつの間にするようになったの?)

怒ったと見せておきながら、最後は素直になる。
今日があなたの誕生日だということも含めれば、私にはもう叶えない理由がない。

(柚ちゃんの喜ぶ顔が見たい……)

私はそっと“伊吹”と口にした。
なのに、奴はと言うと。

「もっかい」

「伊吹……」

「もっと」

「っ……。もう五回も呼んだ!
第一呼びにくいのよ。柚ちゃんのくせに、名前だけはかっこいいし。合わない。変!」

一度にまくし立てると彼は困ったように破顔した。

「なに?」

「いや。かわいいなと思って。紗綾さんが恥ずかしがってる」

いつもの調子に戻った彼を見て、どこか物足りなさを感じてしまう自分がいた。
かわいくて一生懸命で、一途なところに惹かれた。
すぐに真っ赤になるところとか、愛しくてたまらない。
それもまた私の言動ひとつで自由自在になるものだから、クセになった。
だけど、最近は少し違う。
身長も付き合った当初に比べれば、差が開いているし、ただ年下のかわいいカレシだけではなくなってきている。
ドキドキする瞬間が増えていた。

(なんだか、悔しい……)

それなのに、強引な彼をいいとも思う。
言動で追いつめられて羞恥に晒されて、恥ずかしくて逃げたくて、やり返したいって思うのに、どこかで“また見たい”と思った。
強引な彼を見たい。
思い更けているとすぐ隣から声がした。

「ーー聞いてる?」

「えっと、なんだっけ?」

わざとらしい盛大なため息を吐くと、彼は言った。

「だから、紗綾さんって案外攻めに弱いんだなって言ったんです」

“弱点をひとつ、見つけました”

なんて、無邪気な笑顔で彼は言った。

(すごく嬉しそう。小生意気なヤツめ)

愉快そうに彼はまだ続けた。

「普段いじりキャラの人が逆にいじられたりすると、全然ダメだったりしますしね。ホント、面白い」

私をそのタイプの人間だと言わんばかりに楽しげに笑う、彼。
間違いなく、からかっていた。

「弱点を見つけたつもりでいるなら、甘いわよ。これから学校で散々、いたぶってやるんだから」

負け惜しみを言いながら背中合わせで座ると、私はそのまま彼を背中で押しやった。
しかし手応えはまるでなく、私は空振りをした。
彼はふわりとかわすと、私をいとも簡単に抱き上げた。
突如無防備になった自分の体。
彼は含み笑いをしていた。

「なにが可笑しいのよ」

「いや……今からあなたをいたぶる正当な理由ができたと思って」

「なまいき……」

「なんて、本当は期待してたんでしょう? この展開を」

「な! そんなわけーー」

図星を否定する私とは違い、彼は動じることなく答えた。

「なんでもいいよ。紗綾さんが悦ぶなら、僕はそれでいい」

それから落とされた口づけはあまりにも優しくて、私はもっとと言わんばかりに彼の首に手を回した。

「ゆずちゃーー」

その先をねだるように愛称を呼ぶはずだった私の口は、彼によって塞がれた。
正確には、彼の手によって。

「名前」

「え?」

「違うでしょ。紗綾」

「う……」

言いたくないと口をつぐめば、彼は優しく微笑んだ。

「だったら、この先もお預けだ」

本当はあなただって全然余裕がないくせに。
ほら、熱い吐息がそれを物語っている。
私はごくり、と覚悟を鳴らすと彼の理性を奪いにかかった。

「伊吹……キス、やめないで」

これでもか、と目を反らさずおねだりをした。
彼は目を一瞬見開き、そのあと降参の笑いを溢した。

「ああ、やっぱりあなたには敵わないですよ。紗綾さんーー」

はじまりの合図のようにもう一度キスを落とすと、彼は言った。

「今日は手加減しないから」

その言葉だけで体は異様なほど反応し、心は十分すぎるほど満たされた。

いよいよ私は、彼に対して“敗北”を認めなければならないのかもしれない。



(おしまい)

桜桃 VS 私

甘いものには目がないです。

桜桃 VS 私

甘いがなによ。私は勝つ。 (仔猫 VS 僕の続)

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-02-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted