溢れる涙

みやび

挫けそう僕に君は何も言わない
いつも僕に言う言葉は決まってる

"泣いたっていいじゃん"

その言葉に心動かされる
ほろりと一粒の涙が頬を流れる
言葉にならないほどの声で叫ぶ僕

"あぁこれで良いんだ"

大雨のように頬を流れる涙
君はそんな僕に寄り添い呟く

"よかったね" と

溢れる涙

溢れる涙

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-01-19

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted