ふたりの絆(25)

ホタル

危機一髪(徳島編)

夜の明石海峡大橋は綺麗だった。

ヒカルはアカリと別れた後、岐阜の自宅へ向けて車を走らせていた。

丁度明石海峡大橋の上を走っていた時のことだ。

ヒカルは三車線の中央を80キロぐらいの速度で走っていた。

すると、いきなり右に大きく振られたのである。

速度を出していた自分も悪いのだが、車は欄干に向かって一直線に進んだ。

「危ない!!」

ヒカルは急ブレーキを踏んだ。

車は悲鳴をあげて右端ギリギリで止まることができた。

ひとつ間違えば、明石海峡大橋にダイブして死んでいたかもしれない。

幸いにも後続車と距離が開いていたため、大事故にもならずに済んだ。

原因は、強烈な海風だった。

橋に入る時、上の看板に『横風注意』と書いてあったのだが、まさかこんなに強烈な風が吹くとは予想もしなかった。

夜景を楽しむゆとりなど、一瞬にして消えてしまった。

(とにかく早くこの橋を渡ってしまおう。)

ゆっくり、尚且つ早く橋を走るヒカルの車だった。

(いい勉強をさせてもらったな。)

今度来ることがあれば、ゆっくりのんびり走りたいと思う。

                                    →「許嫁とヒカルの想い」をお楽しみに。  1/18更新

                                    ホタル:ヒカルはいつも危ないところを、すれすれのところで
                                         まぬがれていますね。群馬に行く道も危なかったですよね。
                                         これはまさに、ホタルが傍で守ってくれていることを感じますね。

                          -25-

ふたりの絆(25)

ふたりの絆(25)

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2016-01-18

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND