濁流

歌人・工藤吉生(くどうよしお)

憂鬱な早朝であるAKBビブラートかけ歌うわが母


柔道の組み手争い近づいて副審銀の椅子持って立つ


痒いって思う間もなく手は伸びて該当箇所を掻く指がある


濁流に飲まれた渡部から聞いたタオルのラクなしぼり方とか


おもいでの虫捕り網がつかまえたアゲハのはばたきのもつやさしさ

濁流