きゅうと鳴る

しめさば

火が沈んだ暗がりに

からっぽのビンを潜らせて

そおっとすくったら

ふたをしていっぱい振ると

無重力は失われた

塊がぶつかりあって

からん、からんと欠片になった

それを食べたら

パンと音がして

なにもなくなった

きゅうと鳴る

きゅうと鳴る

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-30

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND