ふざけるな

もも

2ヶ月ほど前、私に好きだと告白してきた一個上の男は、そんな事実抹消されたかのように私の友達に告白した。
そもそも私に友達を紹介しろと言ったのも私に振られた直後。
そして紹介して次2人で会ったときには付き合う展開に持って行っていた。
私は、そういう感受性の低い男は嫌いだ。不器用なのに感受性が低いなんて最悪だ。
でも奴は人をあからさまに傷つけたりはしないし気配りも一応できる大人な男だから紹介してやったのに。
私を好きでいてくれた事実を抹消されたことや簡単に気持ち切り替えてしまったこともまあそれなりに悲しいけど、きっと私じゃなくても良いのに私をわざわざ選んできたのもむかつくけど、私はそんな安い女じゃないんだぜとかお高くとまってみたりもしたくなるけど、そんなことよりあまりの展開の早さに信憑性を持てないからそれが1番腹が立つ。
だって、あんた、私が今告白したり、付き合わないで、とか言ったらこころ揺れるんでしょ。そんなのお見通し。そんな状態で私の数少ない、とっても心が綺麗で優しい友達を、初めてを奪われたくないのだ。私の守りたいテリトリーに入ってる子をほんとに大事にしないやつなんて呪ってやるんだからな。覚えとけよ。幸せに、してあげないとダメなんだから。

ふざけるな

ふざけるな

  • 随筆・エッセイ
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA