片想い

時計

 わたしはどうなってもいい。片想いのままでいい。わたしの気持ちがずっときれいなままでいればそれでいい。
 わたしと彼はクラスは違うけど、同じ声楽部で、彼はテノール、わたしはピアノで伴奏を担当している。どうして好きになるかなんて、誰にもわからない。わたしは彼に気持ちを悟られないように気をつけているけれど、わたしだって、彼を好きにならないように気をつけていたはずなのに。
 もう、いいや。わたしはどうなってもいい。片想いのままでいい。わたしと彼が結ばれる可能性は無い。わたしはお世辞にも魅力なんて無いし、行動力なんて無いから。それに、彼はふつうの人だから。
 わたしは彼に気持ちを伝えない。わたしの気持ちを、壊したくない。

 放課後、彼の友人に頼んで、視聴覚室に呼び出した。
 わたしは備品のピアノ線を後ろ手に隠し持っていた。
彼はわたしの気持ちを知らないまま、息絶える。わたしは後を追って自殺する。これでいい。これでわたしのきれいな気持ちは永遠のものになるんだから。
 きっと。

片想い

片想い

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted