あの星に手を伸ばせば

あの星に手を伸ばせば

アール

あの日の大切な時間、大切な気持ち、いつか君に届くように。

あの星に想いを込めて…。

忘れられたぬいぐるみのように
うつむく君の横顔が今も忘れられない……。


二人好きだった歌の間に聞こえてくる
君の声はもうなくて
それは途切れながら
頭の中を通りすぎていく。

今、夜空に向かう白い息は
重なることなくひとつ舞い上がる。

あの日
届くはずもない星に
手を伸ばした僕と
届くと信じて微笑む君がいた。

あの頃の君を思えば思うほど
愛しくて
今の君を想えば想うほど
苦しくて。

君との夢を描けば描くほど
会いたくて
君の幸せを願えば願うほど
切なくて。

掴めなかったあの星は今もここにあるよ。
だから僕は今日も手を伸ばすから。

君がまた笑顔になるように…。
誰よりも笑顔でいられるように…。

あの星に手を伸ばせば

あの星に手を伸ばせば

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted