天邪鬼

とみこ

リクエストで書かせて頂きました。
NLでほのぼの(?)するお話。

「なあ。」
「何。」
「好き。」
「急にどうしたのよ。」
「愛してる。」
「...私はそうでもないけどね。」
「へぇー、ふーん、そうなんだ?」
「何よ。」
「でも僕から離れられないでしょ?」
「自惚れてんじゃないわよ。あんたといるのが楽なだけ。」

読書に勤しむ彼女の細い背中、つい構って欲しくてそれにもたれかかった。
彼女は迷惑そうに身を捩ったが、僕を退かそうとはしなかった。
淡々と紡がれていく言葉達。
本を捲る規則的な音。
彼女と背中を合わせて座り込んでいるから、勿論表情は窺えない。
相変わらずぶっきらぼうで捻くれた返事だ。
でも僕には分かってる。
これが分かるのは僕だけで良い。

「...あと言わせてもらうけど、離れられないのはそっちでしょ?」
「そうかもね。」

背中に伝わる彼女の体温が暖かくて、心地良くて、つい喉から小さな笑い声が零れた。

「何笑ってるの。」
「いや、やっぱり好きだなって思って。」
「素っ気なくされるのが好きなの?マゾヒスト?」
「まさか。ただ、ね」

ーそんな態度とってるけど、耳まで真っ赤にしてるとこ好きだよ。

後ろから優しく抱き締めて、そっと耳元で囁いて、おまけに耳朶にキスをした。
髪から覗く柔らかな耳、本来白いはずのそれは赤みを帯びている。
ばっかじゃないの。
彼女が言葉が尻すぼみになって、僕の鼓膜を震わせた。

彼女が僕に顔を向けることはない。
逆に彼女は俯いて、僕に顔を見せまいとする。
彼女の体が羞恥で震える。
艶やかな亜麻色の髪が、僕を遮断するかのようにカーテンみたいに揺れた。
亜麻色のカーテンの中、きっと熟れた林檎みたいに顔を真紅に染めているんだろう。
嗚呼、愛おしい。

名残惜しいけど体を離して、
「本を捲る手、止まってるよ。」
そう指摘すれば、あんたのせいでしょ!と彼女は声を荒げた。
勢いよく上げられた彼女の顔は、やっぱり林檎のようだった。

天邪鬼

素っ気なくて可愛げのない性格だと自覚している彼女。
分かってはいるけど、つい素直になれなくて、言動が裏腹になってしまう姿に惹かれます。
それを相手が優しく受け止めていると良い。
天邪鬼なところも含めて好きだよって相手に言って欲しいですね。

ほのぼのとはまた違う気が...!
私の力量不足ですね...。
私の趣味丸出しなお話(果たしてほのぼのと言えるのだろうか)になってしまいましたが、リクエストありがとうございました...!

天邪鬼

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted