家畜の夢、人類草食化計画

ゆう

家畜たちは願っていた。彼らは祈り続け、その甲斐あって神を呼び出すことに成功した。
「神よ。我々はこのまま人間の食欲を満たすだけのみじめな肉でいることを望みません。かといって人間を滅ぼすといった乱暴なこともしたくありません。そこで、神よ、あなたにお願いします。どうか人間を草食にしてください。そうすれば人間は我々を食べることはなくなり、きっと共存していけるはずです」
神は家畜たちの願いに応えた。
「よかろう。全人類を草食にしてやろう」
 かくして人間は草食となり、一切の家畜の肉を食べるのことはなくなった。



 人間は草食となったため、もはや家畜たちを生かし、殖やしておく必要はなくなった。
 数年後、家畜たちは地球上から姿を消した。

家畜の夢、人類草食化計画

家畜の夢、人類草食化計画

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-09

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted