贖罪の少年 第2章 前半

樫之木千里

近寄る悪魔


 若葉萌える初夏のこの日、山守高校野球部と藤平高校野球部の練習試合がおこなわれた。

 序盤は藤平高校が若干優勢ではあった。
 しかし調子を上げて行った山守高校のピッチャー、相生七瀬の活躍により、最終的には山守高校の勝利に終わった。

「一同、礼!」
「ありがとうございました」

 試合終了の挨拶も終わり各々のチームが帰宅準備する中、七瀬に声をかけた人物がいた。
「よっ!相生君。おつかれ」

 七瀬は声の方を振り向く。

「君は、藤平のキャッチャーの・・・」

「おう。日内康平っていうんだ。
 君、ほんとウワサどおりのスゲー球投げるな。
 オレ、前から君と話してみたいと思ってたんだ」

「そうなんだ」
 七瀬は素っ気なく日内の返事に答えた。

「今、オレのこと疑ったでしょ。
 そりゃそうだよな。
 ライバル校の奴となんか話しづらいよな」

 七瀬は無表情のまま、日内がしゃべるのを見ていた。

「でもさ、オレ、今日勇気出して相生君に声かけたわけだし。ご慈悲でもいいからさ、今ちょっとだけ話いいかな?」

 日内は手を合わせて七瀬にお願いをした。

 七瀬の冷たい目線が日内を刺し、時が止まった様に静まり返った。
 その様子を見ただれもが、七瀬が日内にそっぽ向いて帰ってしまう…と想像した。
 当の日内でさえそう思ってしまった。

 だが七瀬の答えは意外であった。

「・・・いいよ」
「へ?」
 気の抜けた日内の返事に、七瀬が答える。

「手短かにお願いするよ」

 日内は慌てふためきながらも
「ええっと、じゃ、どっか座って話そう。球場の外のベンチでどう?」
 と、七瀬をさそい、球場外のベンチへ向かった。


 青い空の下、七瀬と日内は少し間を空けてベンチに座った。

「いやー。今日の試合、オレの戦略で勝んじゃね?
 と思ってたら、相生君が急に投球方を変えてきたじゃん。
 アレにはマジビビったわ。
 っていうか君、どんだけ投球マスターしてんの?」

 日内の質問に七瀬が答える。

「基本の投球パターンはすべてマスターして、自在にコントロール出来る様にはしている。
 あと、プロの投球方法もいくつか出来る」

 その答えに日内は眼を見張る。

「マジか?高校でそのレベル高すぎっしょ!
 しかも相生君って、間近で見ると人形みたいにすげー奇麗だよな。
 学校じゃめちゃくちゃモテるんじゃねぇの?」

「別に。そんな事無いよ」
 七瀬は素っ気なく答える。

 そんな彼を横に、日内は少しバツが悪そうに小首をかしげる。

「そういえばさ、この辺変質者が出るみたいだぜ。
 美人ばかり狙うらしいから、相生君も美女に間違われて狙われないか心配だよ。
 あっ。でも、野球のユニフォーム着ているから間違われないか」

 ははは。と笑いながら、日内は七瀬の顔をチラっとうかがった。


 七瀬の顔は少し曇り、ピリッとした空気が辺りを包んでいた。


「ごめん!今の冗談。本当悪かった」
 日内は手を顔の前に合わせて、七瀬に謝った。

「冗談か・・・。僕はそういうの苦手で、よくわからないんだ。
 日内君はそういう、人との会話が得意そうだね」

「う、うん、まぁ。得意っちゃ得意だな。
 キャッチャーはコミュニケーション取ってなんぼのポジションだし」
 ごまかし笑顔で答える日内に、七瀬はこう云った。

「じゃ、お願いがあるんだ。
 僕に人との話の仕方、教えてくれるかな。
 僕はそういう類いが苦手だから、アドバイスをくれると助かる」

 七瀬はじっと日内の眼を見てお願いした。

「おっおう、いいぜ!お近づきにアドレス交換しよう」
 一瞬日内は戸惑いながらも、七瀬にそう提案した。
 七瀬も
「いいよ」
 と承諾し、二人は互いにアドレスの交換をした。

「じゃ、オレ用事あるから。またな」
 と、日内はその場を去って行った。


 日内が去って行くのを見送る七瀬に、後ろから高橋と女子マネージャーがやってきた。
「相生君、あの人何か変な事いってなかった?」
「先輩、あいつ手を出したりしなかったですか?」

 二人の質問に七瀬は
「ううん。特には」
 とさらりと答えた。

 それを聞いた二人は、ほっと胸を撫で下ろした。

「でも、日内君には気をつけて。彼、卑怯者で有名だから」
「そうですよ。あの人、半グレ集団とも交流があるって噂です。気をつけてください」

 日内との交際を注意する二人に、七瀬はこう答えた。

「忠告はありがたいよ。
 でも、君たちの日内君の評価は、あくまでも僕以外の評価だ。
 僕は直接彼と話してみて、僕自身で彼の人柄を評価してみる」

 そう云うと七瀬は
「僕も用事があるから。じゃ、明日」
 と、高橋とマネージャーを残し、その場を去って行った。

悪魔の会議

「ふい~っ」
 気の抜けたため息をして、日内は自宅にほど近い公園のベンチに腰をかけた。
「あ~っ疲れた。相生七瀬マジで怖ぇよ。
 全部完璧、顔も整い過ぎ。アンドロイドか宇宙人かよ」
 七瀬の事を毒づく日内の隣には、彼の幼なじみである那奈の姿があった。

「で?カマかけた結果はどうだったの?」

 那奈の問いに日内は「あ~あれね」と返事をしたあと、こう答えた。
「断定したわけじゃねぇけど、黒だな。あいつ男になんかされてんのは確かだわ。でも本当かよ?あの噂」
 日内は怪訝げに、那奈に尋ねた。

「尾ひれ腹ひれは付いてると思うけど、根本的には本当の事だと思う。
 三島君のリアクションからして、噂がまったくの作り話だとは考えられない」

 日内は七瀬に関する噂
 《七瀬は変態男で、男を誘惑してイヤラシい事をした。
  そのうちの一人である、担任の男先生に『親にバラすぞ』と脅されたから、
  彼を事故に見せかけて殺した》
 というのを、懐疑的に見ていた。

「でもよ。その話が本当だとするじゃん。
 それなら男が殺されたってことで、殺人事件として警察やマスコミが動くはずだろ。
 でもそんな話一度も聞いた事がないのが引っかかるんだよ。それはどう考えてんだ?」

 日内は疑問に思ったことを、素直に那奈に尋ねた。

「この事件は大きな『背景』があると思うの。
 その『背景』が事件の真相を隠してると思うんだよね。
 …で、ふっとひらめいたのよ。
 この事件の『証拠』を見つけ出す。
 それをダシに『背景』を脅して、金を巻き上げようって」

 那奈の大胆すぎる思惑に、日内は慌てふためいた。

「ちょっ、ちょっと待てよ!
 そんな権力持ってる奴らなら、オレたち二人で太刀打ちできねぇよ。
 もし噂が本当で、証拠を見つけてもだぞ。
 その『背景』とやらの手下にやられて、森や海の中に死体を捨てられるのがオチだ」

「何言ってんの。二人だけでやる訳ないでしょ。
 あんたのバックヤード使えばいいのよ」
 冷静に云ってのける那奈に、日内は度肝を抜いた。

「オレのバックって『阿修羅』の事かよ」

「そうよ。半グレ集団『阿修羅』を使うのよ。そこには藤平高校野球部のOBも何人かいるわよね。その中には相生君を目の敵にしている人もいるはずよ。そいつらを焚き付けて動かせばいいのよ」

 那奈の顔は夕日に逆光しており、悪魔のごとく暗く見えた。
 そんな那奈の顔を、恐ろしくも頼もしい思いで日内は見つめ返した。

「う~ん・・・。
 そういう事で焚き付けるなら、松田さんが適任だな。
 あの人ならやり方次第で、阿修羅の組織自体を手駒に出来ると思う」

 日内の提案に、那奈も賛同した。
「そうね。私もそう考えてた。作戦をもっと練っていけば、きっと上手くいくはずよ」
 二人の悪魔の会議は、使える作戦になるまで続いた。

怯える少女

 山守の山々の中腹、いわゆる平地から上流部分にかけては、権力者たちが住んでいる高級住宅街がある。
 川崎美雪の住まいも、この住宅地の中でも高等地に位置するところにあった。
 川崎家は近代からの大地主で、山守の政治経済だけでなく、全国区的にも警察の幹部を排出しているエリート中のエリートである。

 さしずめ美雪は、この山守においてお姫様のような存在である。

 地位もそうだが、彼女の美貌も『姫』にふさわしく「山守の女王」とはまさに美雪のことだった。
 その容貌は、綺麗なストレートロングの黒髪に、真っ白できめ細やかで透き通るような肌、すらっとした長い手足、整った顔立ちに乗っているのは黒真珠のような瞳…
 とまるで白雪姫の現代版のようであった。

 だが実際の彼女は、白雪姫とはある意味異なっていた。

 一つは母の事だ。
 美雪の母、佳代子は体が弱かったが、美雪の事を心から大切に思っていた。
 その証拠に佳代子は「美雪が食べやすい様に」と手間ひまかけた美味しい料理で娘をもてなしたり、いつの間にか居間で眠り込んだ美雪に毛布をかけてくれたりと、沢山の愛情で美雪をサポートした。
 美雪はそんな母、佳代子が大好きで誇りであった。
 この点は白雪姫なんかより、ずっと幸せであった。


 だが、白雪姫より遥かに「不幸」な事もある。

 それが父、誠の存在であった。
 その現実を突きつけられたのは十年前にさかのぼる。


 その日は近所に数ヶ月前に引っ越してきた七瀬と、近くの公園で遊んでいた。
 この日七瀬を迎えに来たのは、小学校の担任の先生であった。

「じゃあね。美雪ちゃん」

 そういって七瀬は、先生と一緒にどこかへ行ってしまった。
 七瀬もいなくなって、一人で家に帰ろうとした美雪に迎えが来た。

「美雪。一緒に帰ろう」
「おとうさんだ!」

 その時の美雪は、父はいつもは冷たいけど、本当は自分の事を心配してくれいたのだと思った。
 そして今日は、母の代わりに美雪を迎えにきてくれたと信じた。
 美雪は喜んで父のもとまで走って行き、手をつないで家路についた。

 しかし、その温かい気持ちは家のリビングの中に入った瞬間、地に叩き落とされた。

 父はいきなり美雪に抱きつくと、彼女のスカートを無理矢理めくり上げた。
 そして、乱暴に美雪の下着の中に手を入れた。

「やめて!いやっ!!」

 美雪は抵抗して泣き叫んだ。
 しかし父と二人っきりのこの家に、誰も助けは来なかった。

「お母さん!おかあさんっ!」
「お母さんは入院してる!いい子だから静かにしろ!」
 泣き叫ぶ美雪に、父は怒鳴り散らした。

 その父の顔は、この世で見たどんなものよりも汚く、下品な笑みを浮かべていた。

 幼い美雪は抵抗かなわず、力ずくで入った父の汚い手が美雪の大事な所に触れた。
 その瞬間、美雪は自分が汚くなったと感じ世界の全てに失望した。
 無理矢理入れられた大の男の指の圧迫よりも、心の奥にひびが入って痛かった。

「ギャーッッ!!」

 美雪の悲痛の叫びは、広すぎた家の敷地にかきけされ、近所の人々にも聞こえないまま空間に消えていった。


 傷ついた美雪は、父がリビングから出て行った後 ぼんやりとある場面を思い出していた。
 それは、父の「うわきあいて」と言われていた元秘書の女性が、母と何か言い争っているところであった。
 美雪は二人の様子をおそるおそる、ドアの隙間からのぞいていた。

 パァン!
 という音と共に、母が元秘書の女性を打っていた。
「出て行きなさい!この泥棒猫!」

 ……………………………………
 そう怒鳴った母の鬼の形相が、美雪には重く、苦しくのしかかる。

(お父さんといやらしい事をした私は、あの女の人みたいにぶたれるの?)

 美雪は、大好きな母に嫌われ
「出て行け!」
 と家から追い出されるのではないかと、不安になった。

 次の日、不安な気持ちのまま学校に行った美雪は、生気のない七瀬を目にする。
「変態男」
「気持ちわりー」
 そんな罵声を受ける七瀬を見て、美雪は強烈な不安を抱いた。

(みんなにお父さんの事がばれたら、みんなが周りの大人にも言いふらして、その大人がお母さんにも言っちゃう。そうしたら、私はお母さんに嫌われる!そんなの絶対に嫌だ!)


 気がつくと美雪は、七瀬に向かって石を投げていた。
「大嫌い!この変態男!」



 この日から美雪は、一緒に遊んでいた大好きな七瀬を、率先していじめるようになった。

 その日から続いているのは、七瀬へのいじめだけではない。
 父からの性的虐待も続いたままであった。
 父は母がいない日を見計らって、美雪に手をかけていた。

 今日もまた、母が入院している。
 自室の隅でおびえて震える美雪の耳に、父の「ギシギシ」という足音が近づいてきた。

 そのとき
“ぴりりっ!”
 という父の携帯音が鳴った。
 ぼそぼそと話し声が聞こえたあと、足音は遠くに去って行った。

「助かった・・・」
 震える美雪はそのままベッドに潜り込むと、自分を守る様に体を丸め込んだまま、次の日の朝を迎えた。

苦しむ青年

「ただいま」
 三島萩彦が自宅に帰ったのは、その日の夜9時頃だった。

「お帰り。ご飯できてるわよ」
 玄関まで迎えにきてくれた母の顔は、心なしかいつもやつれて見える。
 父はリビングでテレビを見ており、萩彦を見ると
「お帰り。練習はどうだった」
 と、声をかけた。

「ああ。いつもどおりだよ」

 萩彦は何となく逃げる様に、適当な返事を返した。
 そして、和室の方を何気なく見た。
 そこには山守の人々が信仰している「霊の社」の神棚が置かれており、十年前に死んだ兄、一月の写真が立てられてある。
 兄は生前は成績優秀、野球部のエース投手で、高校生のときにはプロのスカウトもあったらしい。
 しかし、不慮の事故で腕を故障してしまい、野球選手の道を断念したみたいだ。
 その後、大学を出て教員免許を取得した一月は、萩彦の通う小学校に一年生の担任として赴任された。

 そして、その年の夏にあの事件が起こり、兄はこの世からいなくなった。

 そのとき萩彦はこう思った。
「なんで俺を置いていったんだ」

 兄には無視ばかりか、暴力まで振るわれた記憶があるのに、何故か思った言葉はそれであった。

 だが両親からは、そんな兄よりも遥かに甘やかされた。
 それは綿飴みたいに息苦しく、べたべたしたものに感じた。
 萩彦はそういう両親が何だか苦手であり、それに比べると、兄の方がまだ信用出来るとさえ感じていた。

「兄ちゃんに認めて欲しい」
 そんな一心で、萩彦は少年野球に入団した。

 しかし兄が野球を教えたのは、萩彦に付いてくる様に入団した七瀬の方であった。

 兄は子どもたちの間で、残忍で乱暴と恐れられていた。
 野球を教えて欲しい子どもたちも、そんな一月の様子を見て尻込みをしていた。
 だが兄は、七瀬にだけは自ら積極的に野球を教えた。
 それを見た子どもたちは
「相生の母ちゃんが三島先生を誘惑したから、あいつにだけ野球を教えるんだ」
 とやっかみ半分にそれを周囲に言いふらした。

 今の七瀬の噂も、それが変に転じて広まったものだろう。
 現実的にはそうとしか考えられない。

 しかし気になることがある。

 萩彦は兄が死んだ日に、兄と七瀬と一緒に何者かから逃げている記憶があるのだ。
 その断片の一部に「女物らしい赤い着物」と「七瀬の不気味で妖艶な笑みが」頭にこびりついている。
 その七瀬の笑みは、萩彦にいい知れぬ恐怖と絶望を与えた。

 その日以来、萩彦は絶望を振り払う様に、かつて唯一の男友達であり親友だった七瀬の事を避け続けた。

(何で俺は、あいつの笑みを見て絶望したんだ?)
 それが気になった萩彦は中学生の時、それとなく両親に兄が死んだ日の事を尋ねてみた。
 しかし、二人は話をはぐらかせるばかりであった。


 結局萩彦は、ぼんやりと暗く息苦しい世界に、一人閉じ込められたままであった。


 そんな絶望の闇の中、那奈の声が聞こえた。

「三島君の気持ち、受けとめたい」

 萩彦が、心の奥で待ちこがれていた言葉だった。
 彼は那奈に今までの事をすべて話した。
 兄の一月の事、両親の事、七瀬への憎しみと…それにともなう絶望全てを。


 しかし今は、それを那奈にばらしてしまった事による「不気味な恐怖」があった。

 そしてその恐怖もまた、息苦しい暗闇の中にかき消されてしまった。


(もし兄貴が生きていたら、この息苦しい闇は消えていたのだろうか?)

 そう思いながらも萩彦は
 (死んだ兄のことを考えても仕方の無い事だ)
 と割り切り、台所へと入って行った。

贖罪の少年 第2章 前半

贖罪の少年 第2章 前半

  • 小説
  • 短編
  • 青年向け
更新日
登録日
2015-12-08

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 近寄る悪魔
  2. 悪魔の会議
  3. 怯える少女
  4. 苦しむ青年