Flying like a star

彩子

高く空に舞い上がって輝く君へ これは夢じゃない現実なんだ
どうか後は幸せで…と、祈る どんなに捜しても見えないけど

遠く離れていく全てが色を失う けど何だか翼が生えたみたいだ
沢山の涙が零れる音がするけど 今はそれを拭うことは出来ないね

過ごした日々の温かさは忘れない お互いの心に遺る優しい気持ち
「ありがとう」その一言だけを また会えたなら伝えたいと思うよ
変わらないモノなんてないって事 君が教えてくれた冬めいた夜

どれだけ呼んでも耳を澄ましても 君の声は遥か彼方で響く様で
今この心には大きな穴が空いている 「寂しい」と歌う感情の中で

届かなくても全ての感謝を君に贈るよ いつもの笑顔が見たいと願う
下ばかり向いてないで空を見上げて 幸せな人生だった事、知って欲しい

それぞれの朝が変わりなく始まる まるで何もなかったかのような今日
だけど確実に言えるとしたなら もう触れる事も抱き締める事も出来ない
少しずつ消えていく君の気配が辛い 例えこの空の何処かで輝いていても

君は幸せだったんだろうか? いつも人懐っこい笑顔を浮かべて
長い歳月、いつもの場所にいてくれたね 今でも心だけは寄り添って
傍にいなくても会えなくなっても 「愛してる」と…

愛しい君と離れたあの夜の痛み苦しみ 傷付けたなんて思わないで
もうゆっくり休んで良いんだよ 君との記憶はずっと色褪せないから
出逢えた奇跡も後悔はしない また会えるその日までサヨウナラ…

Flying like a star

Flying like a star

  • 自由詩
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青春
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted