驟雨

とみこ

「もう私に優しくしないで」

彼女の顔が苦しそうに歪む。
大きな瞳から溢れる涙は雨のようだった。
彼女の頬を、輪郭を、激しく濡らしてゆく。
泣いて懇願する彼女を僕は優しく包み込んだ。
「離してよ...」
僕の胸を突きはなそうと、力なく拒絶をする彼女は痛々しくて愛おしい。
「あなたって本当に酷い人だわ」
嗚咽交じりにそう呟いて、僕の背中にそっと震える手を回す。
「ひどいひと」
うわ言の様に繰り返し僕の肩口にぐしゃぐしゃの顔を押し付ける。
彼女の雨は僕の白いシャツにシミをつくった。

驟雨

優しさが辛く感じるときってありますよね。
けれどその優しさから逃れることは出来ないんです。

驟雨

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-12-05

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted