チャンピオン

杏樹 充

練習がわりに書いた、超短編です。

「カーン!」
ゴングがなった。
今まで何回、この音を聴いただろう。
この音を聴くたびに、俺は悪魔になる。
相手の家庭や、人生をもむさぼり尽くす悪魔に。
そうやって、俺はここまで昇りつめた。
日本フェザー級タイトルマッチ。
ただ、今回だけは何か違っていた。
相手が”マサ”だ。
「まいったな…」
友達になんてなっとくんじゃなかった。
俺たちは居酒屋の飲み友達。
二人でよく夢を語って、朝まで呑んだもんだ。
それにマサは打たれ強いんだよなぁ。
前に変な酔っ払いにビール瓶で頭を殴られても、へーきな顔してた。
いくらなんでも、俺の拳はビール瓶ほど硬くないよ。
でも、これも運命。
マサ、死んでもらいます…

感覚の無くなった神経。
ホールに響く歓声だけが、なんとなく聞こえる。
いまは何ラウンドだろう。

目が覚めたら、俺は白い天井の下にいた。
ここはどこだ?
「気がついたかい?」
誰だ?
じいちゃん??
「ここはどこだ?」
「そんなこと気にするな」
「試合はどうなった!」
「お前が勝ったよ」
「俺が、勝った…」
「凄い試合だったよ。最初から壮絶な打ち合い。
 二人ともセコンドの言うことなんて聞きやしない。
 何度、レフリーが止めようとしたか。
 でも最終ラウンド、お前が打ったクロスカウンターで勝負がついた」
クロスカウンター!?俺、そんなもん打ったことないぞ。
“あしたのジョー”じゃあるまいし。
「10カウントが終わった時、立っていたのはお前だった。
 お前は片腕を高々と揚げ、そのまま倒れちまったのさ」
「マサはどうした?」
「引退だな。お前に顎を砕かれた」
「…」
「まあ、ゆっくり休め。もう全て終わった。全て、な。」
「俺はチャンピオンになったのか?」
「ああ、永遠の、な」
「永遠…」
窓から見える空がやけに爽やかなのが、俺には気に入らなかった。

チャンピオン

チャンピオン

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-11-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted