沈んでいた

しめさば

寒い夜
見上げれば空
吐き出すのは白い泡
どこからかやってきた光
ここは冷たい海の中

どこかへ還る
さあ、どこへ
溺れている
もっと静かに眠っていたい
ここは小さな小さな海

沈んでいた

沈んでいた

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-11-29

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND