指先で紡ぐぼくらの・・・ 【特別編】

指先で紡ぐぼくらの・・・ 【特別編】

ひなも

~ 一人しかいないから ~ ■ 前 編

 
 
差し出されたハヤトの手の平の上に乗った ”真鍮ニッケルメッキ ”のそれに
ミノリが俯いてじっと目を落とす。

そして、静かに目線を移動し顔を上げハヤトを見た。
 
 
 
 『・・・なに、ニヤニヤしてるの・・・?』
 
 
 
ハヤトから差し出されたハヤト自宅の合鍵に、あからさまに不審な目を向ける。
 
 
 
 『べ、べつに・・・ ニヤニヤなんかしてない、けど・・・。』
 
 
 
そう口ごもる口許がもうふるふる震えて、それを誤魔化そうと唇に力を入れて
いるハヤト。 唇に連動して頬がキュっと緊張し強張っている。
 
 
『ねぇ、いつその話したの・・・?』 ミノリが目を眇めハヤトを覗き込むと

『えーっと・・・ 昨日の夜・・・。』 ぼそりとバツが悪そうにひとこと返した。
 
 
 
 
キャリアウーマンであるハヤトの母サキが更に出世をし、仕事の関係で海外に
赴任することが決まったのは昨夜。 念の為、息子ハヤトについて来るか訊くも
やはりそれは何をどう考えても、愚問。 彼女にぞっこんの一人息子がミノリと
遠く離れるなんて選択肢を選ぶはずもなく、その問題はゴトウ親子の中で一も二も
無く決着がついたのだった。
 
 
 
 『・・・合鍵なんて、要る・・・?』
 
 
 
眉根をひそめハヤトを睨むミノリ。

昨夜した話なのに、もう翌朝ミノリと顔を合わせた段階で合鍵を準備している
その行動力の俊敏さに呆れてものが言えない。

しかもまだ母サキは日本を発ってもいないというのに。

きっとなんの躊躇もなく母をひとりで海外に行かせる決断をしたのだろうと、
母サキを思ってミノリは少し胸が痛んだ。
 
 
しかしハヤトは頬を高揚させ、嬉しさを隠せない面持ちで必死に言い訳を繕う。
 
 
 
 『だってさ・・・ ほら、あのー・・・

  俺が病気とかになったら、ほら・・・ 

  母さんも誰もいないから・・・
 
 
  だから、えーぇと・・・ 緊急用に・・・
 
 
  そう、緊急用! ただの、緊急用ー・・・

  ・・・な? 緊急用だから・・・。』
 
 
 
コメカミをぽりぽりと指先で掻きながら、慌ててまくし立てるその横顔。
自分の口から出た ”巧い言い訳 ”にまるで自分で納得するかのように、うんうんと
ひとり頷いて。
 
 
『ふ~ぅん・・・。』 どこか納得いかない顔で唇を尖らせ、ミノリが半ば呆れ
気味に笑いを堪えると、手の平に押し付けられた合鍵にそっと目を落とし照れくさ
そうに本当は少し嬉しいのをひた隠しにして、ぎゅっとその手に握りしめた。
 
 
 
 
 
女子短大の昼時の混雑したテラスに、ミノリとナナがふたり。

昼時のそこは早目に席を確保しておかないと座れないくらい、女子学生でごった返す。
雑誌とハンカチで事前に席を取っていたふたりは、高校を卒業後地元の同じ短大に
進学していた。
 
 
味はそこそこなやたら安い学食の食べ掛けのカレーライスが乗ったトレイを少し前に
ずらしてテーブルに肘をつき、ナナがケータイを両手で掴んで指先でポチポチと入力
している。 ミノリは持参した手作り弁当を食べ終わり、再びチェックのハンカチで
小さな弁当箱を包みながら、どこか投げやりな感じにも見て取れるナナに首を傾げた。
 
 
 
 『あー・・・ んもぉ、キリがないわっ!!』
 
 
 
高校時代から付き合っているタケルからの連続ライン攻撃に、ナナはしかめっ面を
して面倒くさそうに返信している。

『ストーカーかっ!!』 ぶつぶつ文句を言いながらも、ナナの顔はやはりどこか
嬉しそうにも見えた。
 
 
すると、『ねぇ。』 ナナが素っ気ない一文をタケルに送信し、ケータイをテーブルに
放るように置いてミノリをじっと見つめる。
 
 
 
 『ミノリ、心配じゃないの・・・?

  ゴトウ君、イケメンだから大学でもモッテモテでしょ~?

  あたし達は女子短大だけどさー・・・

  向こうは共学でしょ~? 可愛い子、いっっっぱいいるよ~・・・?』
 
 
 
からかうように肩をすくめて身を乗り出すナナは、ハヤトとミノリの絆の深さを
重々知っての上で、敢えて悪戯にニヤリ問い掛けている。
 
 
『べっつに~ぃ・・・。』 そう涼しい顔でミノリは返したが、その瞬間ナナの
ケータイから響いたチロリンというタケルからのライン受信音に、そっと視線を
ずらした。 同じくテーブルに置いたミノリのケータイは、ここ最近あまり反応が
無い。 大学入学前まではタケル・ナナ同様、引っ切り無しに音を立てていた
そのケータイがなんだか静かに黙りこくって死んでいるみたいで。
ミノリがメッセージを送信するもそれは中々既読にならず、暫し放置される事が
増えていた。
 
 
『別に・・・。』 ナナが再びケータイを掴み文字を紡ぎはじめたその姿を
ミノリは物寂しげに、どこか羨ましげに見つめ呟いた。
 
 
こっそりテーブルの下にケータイを掴んだ手を移動すると、指先を動かす。
 
 
 
  ”今、なにしてるの? ”
 
 
 
そのメッセージは、その夜遅くまで既読にならなかった。
 
 
 
 
 
休日の午後のこと。

ふたりはハヤト自宅のリビングで、のんびりとした時間を過ごしていた。
もうハヤト母サキは海外赴任をはじめていて、静かなリビングにふたりきり。
 
 
ハヤトはソファーにごろんと寝転がり、付けっ放しにしていたテレビから流れる
再放送のバラエティ番組を見ている。

ミノリはそんなハヤトに背をもたれ、床のラグにぺたんこ座りをして雑誌に目を
落としていた。 本当はハヤトに聞きたい事が山ほどあったけれど、実際ふたりきりで
いるこの休日の穏やかな時間に、やはり自分の気にしすぎだと小さく息をつき納得する。
 
 
たまに思い出したようにハヤトの指先がミノリの髪の毛を撫でる。
高校時代はショートヘアだったミノリは、少し髪が伸びてショートボブになっていた。

髪に触れられどこかくすぐったそうにミノリが振り返ると、その瞬間ハヤトが
大きなくしゃみをした。 腕で鼻のあたりを抑えると、一度発したら止まらなくなった
かのように、何度も何度も連発する。 ぐしゅぐしゅと鼻をすすり、目も赤くして
痒そうに堪らなそうに眇めている。
 
 
『どうしたの・・・? 風邪ひいた?』 ミノリが身を乗り出してハヤトの額に
手を当てるも熱はなさそうだ。

『いや・・・ タブン、猫アレルギーだ・・・。』 きまり悪そうに小さく小さく
呟いたそれ。 ひとり言のように発せられたが、ミノリにはしっかり聴こえていた。
 
 
『猫・・・? 猫なんかどこにいるの??』 ハヤトへ問い掛けた瞬間、リビングテーブル
の上に置くハヤトのケータイがけたたましく着信のメロディを奏でた。

そっと手を伸ばしそれを掴んで着信相手の名前を見るなり、慌ててソファーから
身を起こしリビングを出て廊下に飛び出したハヤト。 まるで隠れてこそこそ話を
するように、片手を口許に当てその相手と会話をしている姿が、リビングドアの
擦り硝子にぼんやり映っている。
 
 
その時、一瞬聴こえたその一言。
 
 
 
 『今日はカノジョがいるから・・・ 明日なら・・・。』
 
 
 
ミノリは擦り硝子に映るそのシルエットを、瞬きもせずに見つめていた。
 
 
 
 
 
一度ミノリの心に浮かんだ小さな疑いの火は、些細なことでどんどん大きくなる。
 
 
 
  ハヤトを信じている。

  信じてはいるけれど・・・
 
 
 
高校時代と違って今は別々の大学に通い、当たり前に日中のその様子はうかがい
知る事は出来ない。 ミノリと違って共学のハヤトの4大。 高校の時はハヤトと
ミノリが付き合っていることは周囲に知れ渡っていた為、横槍が入ることなど無かったし
横恋慕など考えたこともなかった。

しかし実際に学校が離れた今、ハヤトは電話をしても留守が多くメッセージを
送っても中々返事は来ない。

そして先日洩れ聴こえたハヤトの電話の遣り取り。
 
 
 
どんどん不安は募り、執拗にハヤトに電話をかけるようになったミノリ。

しかしケータイ越しに流れる冷たい留守電の機械音メッセージに、俯き溜息を落として
哀しげに目を伏せた。
 
 
 
居ても立ってもいられなくなり、ミノリはとある夜にハヤトの自宅を訪ねた。
突然連絡もなくやって来たミノリに、ハヤトは嬉しそうに顔を綻ばす。

『ミノリ・・・ どしたの~?』 その顔を見たらやはりミノリの杞憂に過ぎなかった
のだとほっと胸を撫で下ろし、突然押し掛けてしまった言い訳を必死に考えあぐね
ながら照れくさそうにリビングに足を踏み入れた。
 
 
他愛ない話をしながら暫し穏やかな時間を過ごしていた、ふたり。

空になったマグカップをふたつ掴んでキッチンに向かい、ミノリがお茶を淹れて
リビングに戻るとテーブルに突っ伏してハヤトがウトウトと居眠りをしている。
 
 
静かにテーブルにマグカップを置くと、眠りこけるハヤトの横に座り愛おしそうに
その寝顔を見つめたミノリ。 テレビの電源をリモコンでオフにして、小さく寝息を
立て呼吸に合わせて上下している大きな背中に微笑んだ。

最近どことなく日焼けしたように見えるその顔。 元々キレイな顔立ちのそれが
更に格好良く見えて、見慣れているはずのミノリの目をも惹いて止まない。
しかしなんだか疲れているように見えるその顔にそっと指を伸ばして触れようと
したその瞬間、ハヤトのケータイにライン受信のメロディが鳴った。
 
 
くぐもって小さく響くそのメロディ。 ハヤトはそれに気付かない様で硬いテーブルに
突っ伏し眠り続けている。 ミノリがキョロキョロあたりを見回すと、ソファーの
クッションの陰に隠れていたケータイを発見した。
 
 
 
 
  ”今日はカノジョがいるから・・・ 明日なら・・・。”
 
 
 
 
ふと、先日のあの一言が頭をよぎった。

すると頭で考えるよりも先に、ミノリの指はハヤトのケータイを掴む。
してはいけない事だと分かってはいるのに、焦燥感が募る気持ちに抗えない。
震える指先で画面に触れると、そのメッセージが見えた。
 
 
プロフィール画像には、凛とした黒猫の写真が載っている。
名前は ”アオイ ”
 
 
そしてミノリの目に入った一文。
 
 
 
 
  ”着替えのシャツ忘れて帰ってるよ ”
 
 
 
 
じっと見つめるミノリの目は、瞬きという行為を忘れたかのように見開いたまま。
静かに静かに震える肩で息をする。 口をぎゅっとつぐみ、信じたくないとでもいう様に
ひとり大きくかぶりを振った。
 
 
 
 
  (ちがう・・・ こんなの、嘘に決まってる・・・。)
 
 
 
 
ハヤトを信じていると心の中で何度も何度も繰り返しつつも、ケータイを掴むその手は
ガタガタと震えはじめ、次第に視界が滲み始めていた。

ミノリの目から大粒の涙がこぼれた瞬間、カバンを引っ掴み荒々しくリビングドアを
飛び出して行ったその哀しみに暮れた背中にも、疲れて眠り続けるハヤトには気付ける
はずもなかった。
 
  
 

~ 一人しかいないから ~ ■ 後 編

 
 
 
とある日の昼のこと。

ハヤトがトラックの助手席に座り、行儀悪くダッシュボードに足をもたれて窮屈そうに
コンビニ弁当を食べている。
 
 
その隣、運転席で同じようにカップラーメンをすする先輩は、一旦発泡スチロールの
その器を運転席と助手席間のアームレスト上に置くと、おにぎりの半透明フィルムを
はずし海苔を巻きながらハヤトに言う。
 
 
 
 『だって、ゴトウ・・・

  お前、まだ大学生だろ~・・・? いくらナンでも早くね??』
 
 
 
その声色は可笑しそうに、まるで理解出来ないとでもいうようなそれ。
からかっている訳ではないけれど、あまりに急いているハヤトに半ば呆れ顔を向ける。
 
 
 
 『だってどうせ決めてるんなら、早い方が良くないっスかぁ~?』
 
 
 
ハヤトの顔はそんなの愚問だとでも言いたげに、ツナおにぎりを頬張るその先輩に
目線をやり日焼けして引き締まった顔を向ける。 肉体労働で散々コキつかう体は
コンビニ弁当ひとつでは満足出来ず、膝の上に置くコンビニ袋から更にあんパンを
取り出して透明な袋を乱暴に左右に広げ、大好きなあんこに満足気に一口齧り付いた。
 
 
ハヤトと先輩は、同じ社名が入った帽子を被っている。
そして制服でもあるつなぎの胸元にも、それが。

ハヤトは大学の講義の合間をぬって、引越屋でアルバイトをしていた。
 
 
 
やはり納得いかない顔を向ける先輩が、尚も続ける。
 
 
 
 『だってさぁ~・・・

  お前、まだハタチそこそこだろ~・・・?

  今から結婚資金貯めたい、なんてよぉ・・・
 
 
  他に誰か現れる可能性とか考えないわけぇ~・・・?

  運命の長くもつれまくった赤い糸は、

  地球の反対側の遠い誰かに繋がってっかもしんねーじゃ~ぁん??』
 
 
 
すると、ハヤトはまっすぐな迷いのない目で言った。
 
 
 
   『だって、・・・・・・・・・・・・・・』
 
 
 
 
 
 
ハヤトのケータイを盗み見て以来、ミノリはハヤトを避けていた。
 
 
ミノリからは一切電話もせずラインもせず、しかしハヤトはそれに気付いていないのか
特に別段なんの反応も無かった。
慌てることも焦ってハヤトから連絡してくることも無い。

それがミノリには疑念の答えなのだと、その胸は仄暗く重い苦しいもので埋め尽くされていた。
 
 
 
 
  (ハヤトなんか・・・ 大っキライ・・・。)
 
 
 
 
ひとり涙を堪えるミノリが自室のベッドに体育座りをして、ハヤトとペアのキーホルダーを
床に思い切り投げつけた。 ゴトウ家の合鍵が、硬く哀しい音を立てて転がった。
 
 
 
 
とある休日。

いつもならハヤトと当たり前に一緒にいるはずのミノリは、一切連絡もせずひとり
駅前に来ていた。 特にそこにはなんの用事も無かったのだが、ひとりで家にいると
ハヤトのことばかり考えてしまう。 本当はちゃんとハヤトに問いただすべきなのは
分かっているけれど、怖くて怖くて本当のことなど知りたくない。
 
 
ぽつり寂しげに駅前の横断歩道に信号待ちで佇んでいた。
行くあてなど全く無い。 しかし、家の外にいたって考えるのはハヤトの事ばかりだった。
 
 
すると、信号待ちで横に立つ人が覗き込んでいるような気配に怪訝な顔を向けたミノリ。
本当は見たくもないけれど、しずしずとそちらへ目線を遣る。
 
 
 
 『あ! やっぱり・・・ あのー・・・ ミノリさんですよね?』
 
 
 
急に知らない無精ひげの大男に声を掛けられ、あからさまに嫌な顔を向けた。
しかしそんなミノリの顔にも怯まず、尚も話し掛けてくるその大男。
 
 
 
 『いっつもアイツにウっザいくらい写メ見せられてっから・・・

  俺。アイツとバイト一緒なんですよ、ゴトウと・・・。』
 
 
 
『え・・・?』 ミノリがせわしなく瞬きを繰り返し、確かにその耳に聴こえた
”ゴトウ ”という名に、その無精ひげの大男を射るようにまっすぐ見る。 

片手に大量に買い込んだらしい買い物袋を抱えて、大らかに笑うそのひげ面。
 
 
 
 『あ! ごめんごめん・・・

  俺、青井です。 

  引越屋のバイトで、ゴトウより一応ちょっと先輩なんだけどね。』
 
 
 
ミノリの耳に聴こえたその大男の名前に、『アオイ??』 慌てすぎて甲高く声が
ひっくり返った。 暫し、呆然と目の前の事の経緯を考えあぐねる。
 
 
”バイト ” ”アオイ ” そして、そのアオイという大男が片手に抱える袋から
覗く大量の猫缶。 淡い色のシャツには、黒猫の抜け毛がちらほら見て取れる。
 
 
 
 『ハヤト・・・ バイトしてるんですか・・・?』
 
 
 
目を見張ったミノリへ、アオイは慌ててしかめ面を向けると 『やべぇ・・・。』
背中を丸めてひとりごちた。 そして猫缶の袋を抱えていない方の手で後頭部を
ガシガシときまり悪そうに掻くと、情けない顔をして呟く。
 
 
 
 『バラしちゃったこと、内緒にしてて!

  ・・・俺、ゴトウにめちゃくちゃ怒られるわ・・・。』
 
 
 
人の良さそうなその困り果てた情けない顔に、ミノリはぷっと吹き出して笑った。
ハヤトへの疑念が晴れたことだけでミノリは充分で、こっそり隠れてバイトをする理由
など正直気にしていなかったのだが。
 
 
アオイがついでとばかり、ニヤっと笑って口を開く。

『ついでにバイトの理由も教えちゃうか~・・・。』 悪びれもせず思い切り口角を
上げて愉しそうにどこか嬉しそうに話し出した。
 
 
 
 『どうせ結婚するって決めてるんだから、

  貯金はじめるなら一日も早い方がいい。 って、アイツ・・・。』
 
 
 
アオイは他人事のように装うも、まるで兄のようなやさしくあたたかい顔で微笑んで続ける。
 
 
 
 『運命の赤い糸は他に繋がってるかもよ?って、俺が言ったらさ、

  ・・・アイツ・・・。』
 
 
 
目を細めて頬を緩めたアオイ。

トラックの助手席であんパンを頬張りながらまっすぐ迷い無い目で言ったハヤトを思い出す。
 
 
 
 
    『 ”だって、ミノリは一人しかいないから ”

                 ・・・って、アイツいってたよぉ~・・・。』
 
 
 
 
 
翌朝、まだ8時前のハヤト自宅のドアチャイムが鳴り響いた。
 
 
こんな早くに誰だろうと訝しがって玄関ドアを開けたハヤトの目に、ミノリの姿。
走ってやって来たのか、肩で息をして苦しそうに顔を歪めている。

『なに・・・ どした?』 ドアを開け放し玄関先に招き入れると、ミノリは
掴んでいた生成のトートバックをまっすぐハヤトへ差し出した。
 
 
『ん??』 バックの中を覗くと、そこにはチェックハンカチで包まれた四角い
ものが見える。
 
 
 
 『・・・お弁当 ・・・作ってきたの。』
 
 
 
ミノリが目を細め照れくさそうにハヤトに差し向ける。

『え?? なんで?まじで?? ええええ!!!チョー嬉しい!!!』 こどもの様に
喜びまるで飛び上がりそうなその嬉々とした様子に、ミノリは愛しさが抑えられず
ぎゅっと抱き付いた。
 
 
 
 『大好き・・・。』
 
 
 
朝から弁当を差し入れされて、おまけに抱き付かれて、ハヤトは何がなんだか
よく分からなかったが嬉しくて仕方がないのだけは明白だった。

片手にトートバッグの取っ手を掴んだまま、ハヤトもミノリの背中に手を廻し
抱きしめ返す。 
ハヤトの頬がミノリのサラサラの髪の毛に触れると、やさしいシャンプーの
香りがふんわりかすめた。
 
 
『ん・・・ 俺も。』 照れくさそうに幸せそうに、ハヤトが囁いた。
 
 
 
 
 
 
 『ねぇ、お母さん・・・ 

  今年の年末・・・ ひとり分、多くお節作ってくれない・・・?』
 
 
その日の朝にキッチンでハヤトのお弁当を作りながら、照れくさそうにミノリは
母へ声を掛ける。 最近ふたり分のお弁当を作っている娘に、こっそり微笑んで
いた母。 ミノリの ”言いたいこと ”は瞬時に気が付いた。
 
 
『じゃぁ、専用のお箸でも準備しておこうか・・・。』 なるべくさり気なく
言ったつもりだった母。 からかうような声色になってはミノリが恥ずかしい
だろうというやさしい気遣いのもと。
 
 
その会話が聴こえているはずの食卓テーブルにつく父に、チラリ目線を流すと母は言った。
 
 
 
 『・・・お父さん、年末にまた鯛焼きよろしくね。』
 
 
 
すると新聞を広げ顔を隠していた父が、少し口ごもりながら 『・・・ん。』と返した。

クスっと微笑む母のその横顔に、ミノリが小さく呟いた。
 
 
 
 『あと・・・

  わたしも、もうちょっと料理できるようになりたいな・・・。』
 
 
 
 
 
久々、休日に街に出てデートをするふたり。
ハヤトの腕にしっかり絡みつくミノリが、悪戯に覗き込むように言う。
 
 
 
 『ねぇ・・・ なんか最近、たくましくなったんじゃない・・・?』
 
 
 
ハヤトの二の腕を両手でにぎにぎと掴んで、笑いを堪える。
 
 
 
 『あぁ・・・ あの、うん・・・ 筋トレしてるから、かな・・・。』
 
 
 
慌ててそう言ったハヤトはせわしなく瞬きを繰り返し、明らかに挙動不審のそれ。

『へぇ・・・。』 ミノリがそっとハヤトの肩におでこを付けて微笑み目を伏せた。
 
 
 
 『でも・・・ 筋トレ、あんまりムリしないでね・・・。』
 
 
 
『・・・ん??』 ハヤトが小首を傾げミノリを見つめる。
その視線に、ミノリは幸せそうに満面の笑みで返した。
 
 
 
 
ミノリの片手には、先程立ち寄った本屋の紙袋が握られている。

『さっき何買ったの~?』 ハヤトに訊かれ、ミノリもまたせわしなく瞬きをした。
『ん・・・ た、ただの雑誌・・・。』 そう慌てて口ごもる。
 
 
 
紙袋から小さく覗くそれには ”はじめての家庭料理 ”というタイトルがあった。
 
 
 
  
 
               【指先で紡ぐぼくらの・・・ 特別編 完】
 
 
 

指先で紡ぐぼくらの・・・ 【特別編】

指先で紡ぐぼくらの・・・ 【特別編】

指先で紡ぐぼくらの・・・ 【特別編】。 大学生になったハヤトとミノリ。 別々の大学に進学し離れ離れになったハヤトの怪しい行動に、ミノリは他に誰か好きな子が出来たのではないかと疑心暗鬼。 ”アオイ ”という謎の相手とこっそり電話をするハヤトに、ミノリは・・・。 【本編 指先で紡ぐぼくらの・・・】ほか【番外編】、【スピンオフ】もどうぞご一読あれ。 ≪完結≫

  • 小説
  • 短編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-11-24

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. ~ 一人しかいないから ~ ■ 前 編
  2. ~ 一人しかいないから ~ ■ 後 編