2人でおでかけ   2話

2人でおでかけ 2話

LN

前回の「恋の始まり」と繋がっています。

前回の登場人物と同じ。
楽しんでいただけたら光栄です。

映画館へGo????

映画館へGo????

次の日僕はいつものように琴音に挨拶をした。そしたら急に琴音の顔が赤くなった。そして僕は意を決して言った。

僕「休みの日さあ2人でどっかに行かない?」

琴音はさらに頬を赤くしながら

琴音「いいよ」

と言った。その日は何もかもが目に入らないで心の中で考えていた。
(どこに行くだとか、服は何にしようか、楽しんでもらえるだろうか)
と考えた。
いよいよ休みの日がきて僕は待ち合わせの時間より早く来てしまった。そうして少し時間が経つと琴音は走りながら言った

琴音「駿〜待った??」

と聞いたので僕も答えた

僕「待ってないよ」

と言いながら琴音のことを見た。ワンピースをきた琴音はとても綺麗だった。2人で話し合った結果映画を見に行くことに決めていたので映画館に行った。僕は映画を見ながら何気に琴音の手の上に僕の手を添える。僕の顔は赤くなり琴音の顔をそっと見ると僕よりもさらに顔が赤いことに気づく。僕は琴音の耳のそばで言った

僕「いやっだった?」

と問う琴音は顔を横に振り僕は安心した。顔を縦に振ってたら終わっていたからである。その後も楽しく過ごしたが繋いだ手は離れなかった。その間ずっと琴音の顔は赤くなったままだった。過ごしているうちにいつの間にか時間が過ぎていた。僕は夜だったので琴音を家まで送り僕も帰った。その夜今日の事を振り返りながら眠りについた・・
又々次の日僕は琴音に言う

僕「昨日は楽しかったな」

琴音「うん。すごく楽しかった」

と答えてくれたのでよかったと思った。
僕は琴音と一緒にいるととても楽しいし、嬉しいだから・・・

2人でおでかけ 2話

今回は短くなってしまいました。
そして今回はどうでしたか?
面白かったですか?つまらなかったですか?
次回いよいよ告白?!

2人でおでかけ 2話

前回の「恋の始まり」と繋がっていますので前回のやつも読んでみてください!!

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-11-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted