何を思ふ

アイマスク

第一作目から、大分腐ってます……。

土方銀時デキてます……。

苦手な方は、回れ右を。

誕生日

誕生日。


そんなもん、まともに祝われた事がなかった。

誕生日なんて、一つ年を取るだけ。
祝われる年でもない。

そう思っていた。




~誕生日会でよくあるあの丸い輪っかの奴って後始末が大変だよな~


10月10日、夜11時。

今日は俺の誕生日だった。
だからといって浮かれたわけじゃない。逆に、歳をとったのかと改めて思う日だった。

神楽に新八、お登勢にたま、皆が俺を祝ってくれた。


攘夷戦争、

ガキの頃から刀を握り続けてきた俺からすると、考えられないような楽しい時間だった。



ただ……言えば満足はしてない。


人間ってのは欲深い生き物だ。
次がくれば、その次も欲しがる。その次がくればまたその次もほしくなる。そうして人生は、人間は、回って行く。


皆が雑魚寝をし始めたのを確認し、俺は外へ出た。もう夏の暑さはとうに消え、むしろ寒い。

ハァ…っと、手に息をかけた。

月明かりが街を照らし、歌舞伎町の夜を感じる外。

俺はふと、愛しい人の名前を口にした。



「十四郎……」


人肌さみしい俺の身体と、心の寒さになんだかすげェ不安になった。



綺麗な夜空に、
届かぬ俺の声が消えていく。



筈だった…






「風邪引くぞ」




ガバッと、
後ろから何かが俺に覆いかぶさり、ギュッと抱きしめた。

「なっ……⁈‼︎いつからお前ッ…!」

そこにいたのは、


俺の大好きな十四郎。


「へっ、お前がさみしそうだったから仕方なく来てやったんだよ」

へらっと笑う十四郎は、言葉とは裏腹に仕事場からすぐ駆けつけてきてくれたみたいで、頬に刀の切り傷か痛々しく残っていた。


「……十四郎……」


少し甘ったるい声で、
奴って十四郎の名を呼ぶ。

そして温もりと返ってくる、
優しい声。


「あ?」


言葉はトゲトゲしいが、顔は微笑んでいる。



「今日何の日か、知ってっか?」


「そうだなァ………」


ひゅう…っと、冷たい風が吹き抜ける。俺の前髪がそれと同時に大きく揺れた。


「誕生日おめでとう、銀時」



そう言うと十四郎は……



俺の事を強く抱きしめ、
優しいキスをした。



~fin~

何を思ふ

ここまで読んでいただきありがとうございます。


まぁまぁ、そこそこ……うん。

何を思ふ

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-11-22

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted