嘘吐きと心身分離

嘘吐きと心身分離

おねむ

毎日繰り返すこの行動と
じっと心に居座る感情が
いつか一緒になる日が来るのだろうか

小さな幸せをいっぱい重ねて
上手に積み上げて「よかったね」って言っても
ほんの一瞬、君の吐息で崩れてしまって

今日もね、言われたんだ
「君は気楽そうでいいよね」って
「私はこんなに切羽詰まってるのに」って

今までいっぱい我慢して
どんなに辛くても笑って、戯けて、
そうして積み上げてきたものが、
全て崩れてしまいそうで

「僕には悩みはない」ふり
「僕は毎日楽しんでる」ふり

偽物の笑顔ばかり浮かべて、
結局『僕』はどこにいるのかな


早くここから出たいよ

お願いだから、連れ出して

嘘吐きと心身分離

でも、僕はきっとこれでいいんだ。

みんなのピエロで在り続ける為に。

ありがとうございました。

嘘吐きと心身分離

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-11-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted