四季の短歌

白居 ミク

この人は 白花愛すと 分かるのは
弥生半ばの 木蓮の庭

つぎつぎと 鶯ボールが はじけゆき
梅の花になる 春ぞ楽しき

ある日急に 美しくなる 若い娘(こ)は
ある日冬木に 桜咲くように

夢の国に 迷い込んだよう 彼の地では
空も大地も 桜色する

死ぬときは 桜のごとく 紅は
日毎まさりて 散る時ぞ華

蝉鳴けど 窓吹く風は モスクワの
寺院を抜けし 雪香る風

この夏も どこにも行かねど 坂の上の
入道雲に 潮風を見る

鍬すすぎ 花の水汲む 段の池
子供ばしゃばしゃ サンダルのまま

帰り遅れ 次の電車くる 5分間
夏の終わりの 潮風を聞く

すすきすすき あれが狐の しっぽなら
共に跳びはねる 秋は楽しき

春のように 人誘う気は なかりけり
冬が来るぞと 言う秋の風

バスの窓 野焼きの煙 さつま芋を
埋めて焼いた 年端いかぬ頃

帰り道 いつも見ている 秋ブラウス
こんな服を着て 恋がしてみたい

日本にも 年に3日は ある白夜
中秋の月 青い影法師

深すぎて 雲は灰色 自転車で         
駆け上りたい 空の中へと

東の空 オリオン座見える ようになる
祖父の家通い 秋から冬へ

雪国の 人の来る日に 雪積もり
コートをとれば 雪の粒降る

四季の短歌

四季の順に短歌を並べました。

四季の短歌

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC-SA
原著作者の表示・非営利・CCライセンス継承の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-SA