君と歩くと決めた日

まっつん

3月24日 それはさわやかな朝だった

「それじゃ私行くから」

黒髪の綺麗な女性が、名残惜しそうにつぶやく。
周りの景色は見覚えのある町、僕たちが8年前に捨てた町。ビルも畑もコンビニも、当時のままであるこの景色を見て、僕はすぐに夢だと気づく。
ただ、どうしても言葉にしたいから、してしまうから、いつもいつも叫んでしまう。

「いくんじゃねーーーーーーーーーーー」

そしていつも、目を覚ます。


僕の名前は日野 雅隆(ひのまさたか)。仕事はWEBデザイナーをしているボサボサ髪の冴えない27歳である。家は裕福とは言えないが、6歳になる娘と二人静かに暮らしている。

君と歩くと決めた日

君と歩くと決めた日

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-09-20

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted