白亜の天導師

白亜の天導師

シマリス

白亜の天導師。

私も今年で30才……

25を過ぎた頃から、友達の結婚ラッシュ。

今では小学生の子供がいたり、お家を建てて幸せな暮らしをスタートさせている。

それにひきかえ、私は彼氏いない歴、更新中まっしぐら!

合コンや結婚相談所などに、足繁く通うが効果なし……

男の人の視線は可愛い娘たちに、持っていかれ地味な私は蚊帳の外。

毎日、実家からバイト先まで通勤、休みはゲーム、一人カラオケ、漫画喫茶で暇潰し。

現実逃避したくなるこの頃。

私にもいつか白馬の王子様が現れて、どこか夢の世界へ連れていってると信じていた少女時代も遠い記憶。

毎日五時間の単純作業労働、時給が10円上がったと喜ぶ私はいったい……

将来に夢が持てない。

何がしたいのか、分からない。

希望の意味が分からない。

暗い部屋の隅で布団を頭からかぶり、何も手につかず、虚脱感だけが頭を過る。

どこかで読んだ本にパニック障害という心の病いがあると知った。

突然騒がしくなったり、かと思うと死んだように静かに沈んでしまったり…

騒鬱病というものなのか。

心療内科で定期的にもらう薬でなんとか精神安定を保っているが……この先どうなるのか。

1人子の私が、高齢の年金暮らしの両親の世話をする日も、そう遠くない未来。

カップラーメンにお湯を注いでボーッと窓から外の景色を見ている。

公園デビューていうやっかな?

私とそう、年も変わらないヤンママが笑顔で、同世代のお母さんたちと笑顔で話している。

本来ならば、私もあそこにいるはずなのに……

コンコン……コンコン……

誰かがドアをノックする音。

もう、だれ!

ラーメンが伸びちゃう!

仕方なくドアを開けてみる。

『集金ですか?、勧誘とかなら結構ですので……』

初老の紳士が何やらパンフレットを手渡した。

『突然、お伺いいたしまして申し訳ありません。』

『わたくし、永遠人(とこしえびと)の、白亜の天導師と申します。

『お近くの公園脇にあります幸せな未来へ導く天導師館から参りました。』

………………

『新興宗教かなんか?』

『結構です!』

『興味ありませんので!』

そう言ってドアをバタンと閉めた。

もう! ラーメンのびちゃつたじゃない!

手早くラーメンを食べ終えると、お昼ねタイム。

ゴロンと万年ベットに横になる。

太ることは、目に見えてわかる。

どうせ私になんか興味を持ってくれる男の人とか現れないし!

と言いながらも、やはり、体重や体型は気になる。

洋梨型になるのは、イヤだ!

公園散歩だぁ!

翼のロゴが入った軽めのスニーカーを履いて意気揚々とドアを出る。

この公園は一周20分だから二周でじゅうぶん!

杖を付いた老人や子供たち、ベビーカーを押す若い夫婦。

犬に散歩をさせる、オジサンやオバサンの姿。

9月の風がこんなに気持ちがいいとは今まで気が付かなかった。

緑の小道を足早に歩くと気持ちもリフレッシュされる。

『こんにちは♪』

行き交う人々と軽い挨拶を交わす。

あれ?

こんな所に道があったかな?

とりあえず進んでみよう!

しばらく行くと、10数名の人々が芝生の上に座り牧師らしき人の話を聞いている。

立ち止まり、目を凝らして見ると、あの牧師は先ほどの初老の紳士だった。

牧師はわたしに気が付いたのか手招きをしてくれた。

きまづくなった、わたしは、まぁ暇だし最後列に座った。

牧師の言葉に耳を傾けてみる。

『私たちの住んでいるこの世界は、実は存在していません。』

『厳密に言うと、現れたり消えたりしています。』

『しかし、にわかには、皆さんが信じる事ができないでしょう。』


『すべてのものは、空から出でて空へ戻る』


『みなさん、おひとり、おひとりは、大海から汲み上げられた小さなコップの中の水なのです。』

『コップの中にある間は、取り分けられた水ですが再び大海へ戻すと、もうコッブの中の水は海と一体となります。』

『みなさんの体は、この時代、一度限りの魂の乗り物なのです。』

『再び大海からコップで汲み上げられるまで水が取り分けられないように、みなさんの魂は大宇宙の中に溶け込んでいます。』

この地上に再び生まれる時に、前世の記憶は取り去られていますが記録としてそれは永遠人の書に記されているのです。』

そこまで聞くと、わたしは腰を上げて牧師に軽く会釈をして、その場を去った。

なんか、むずかしい話で分かったような~分からないような~

サァ!

後、一周!

運動!運動!

もと来た道を更に円周を描くように早足で歩きだす。

公園の真ん中にある池に小石を投げる男の子。

『何してるの?』

『何かいるの?』

男の子に訊ねてみた。

『お姉ちゃん、見てて!』

そう言うと男の子は、再び小石を池の真ん中に投げた。

普通なら小石が落ちたところから波紋がなきるはず……

しかし、いくら投げても波紋ができない。

そればかりか、投げたはずの小石が再び手元に戻っていた。

因果の法則、原因があるから結果がでる。

しかし、この場合は、結果を先に確定してしまったから原因が形を変えた。

因果ではなく果因の法則へと時間軸が逆流したんだよ。

科学少年の蘊蓄(うんちく)に感心する。

『不思議なこともあるものね…』

わたしは、スタート地点を過ぎて、あの牧師のところまで歩いてみようと思い立ったが、不思議なことに二つに別れていた道が無くなっていた。

あれは何だったんだろう?

まぁ、いぃや!

帰りにコンビニでアンマンと肉まん買って帰ろう♪

時給も10円上がったし!

幸せになっている未来の私が、今の私を形造る。

幸せになれないのではなく、自分自身が幸せになれないようにしている。

幸せになれない原因を取り去る時、つまり心がけしだいで

私の未来、そして過去も変わる。

白亜の天導師の意味が少し分かったような気がした……

白亜の天導師

白亜の天導師

  • 小説
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-09-13

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain