oeoe

raharu

手紙

 こんにちは。初めまして。
 手に取った本に、こんな手紙が挟まっているのをみつけてしまって、気味悪く思うかもしれません。ごめんなさい。
 誰かとつながりたくてこの手紙を書いて、この本にはさみました。
 
 私は友達もいなくて、本ばかり読んでいます。この図書館から本を借りて、家に持ち帰る。そしてまたこの本を返す。毎週そんなことを繰り返しています。
 
 仕事はしていますが、同僚とは特に話すこともなく、天気の話ばかりしています。そのため、日々の天気に詳しくなりました。
 「今日は午後から晴れるみたいよ」
 「そうなの?暑くなったら嫌ね。この不安定な天気、まったく何とかならないのかしら」
 晴れ、雨、曇り。暑い寒い。そんな差こそあれ、毎日の会話はこの定型文で応用可能です。
 そんな毎日です。
 
 ふと思ったんです。理由なんか、特にありません。本当に、ふと、思ったんです。誰かと繋がりたいって。
 誰かと繋がるということがどんなことか定義できませんが、少なくともお天気の話以外の交流をしたい。
 本の話がしたいんです。ネットの文章のやりとりじゃなくて、生身の人と、同じ時間を共有したいんです。
 
 よかったらお返事をください。
 私は毎週水曜日に、この図書館に立ち寄ります。
 

 

oeoe

oeoe

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • コメディ
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-09-12

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted