ベランダの彼女

りりー

 ほんの少し涼しくなった曇り空の下、彼は雨が降らないことを祈った。駅の近くの雑貨屋は潰れていて、傘は買えなかったし、雨宿りする本屋も潰れていた。地元が廃れていくのは見ていて辛かった。
 祈りが通じたのか雨が降ることはなく、無事にこのまま帰れそうだ。

 彼女はベランダで空を見ていた。自慢の長い黒髪は風に靡いて美しかった。
自分に気がついたらしく手を振った。手を振って返した。

 彼女の笑顔がうれしかった。

 もう買い物も、映画も、本も、靴も、雑貨もこの街からはなくなってしまったけど、引っ越すのはもう少し先でもいいかもしれない。
 
秋が近かった。

ベランダの彼女

実はつながってました。いろんなお話がね。そんなの書けたら面白いなぁーと思って書きました。

ベランダの彼女

地元が廃れた、買い物もできない。だけど彼はこの街にいる。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日

CC BY-NC
原著作者の表示・非営利の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC