玄太『部活か...何にするか...』

文才のない魔狼

第1章 『入部先』

ここ東京都立桜洲高等学校は偏差値52で進学率、就職率ともに安定した
男女共学で普通科の学校だ。

そして俺はここを第一希望で受験して無事受かった。
実のところ受験勉強は一切してなかった。
謎の自信があったのだ。

そして入部してから2週間が経った。
社交性が取り柄の俺はすぐに友達ができてクラスのムードメーカー的な存在になりつつあったが俺にはひとつ悩みがあった。

それは学校生活で学業、恋愛の次に大事な部活である。
小さい頃からやんちゃだった俺は運動が好きだった。
小学校でも野球クラブやってたし足もそこそこ自信があった。
中学でもそれを活かしてバスケットボール部で活躍しようとした。
けど技術的な面で挫折し幽霊部員となってしまった。

先生「これで今日のホームルームは終わりにします、あと大淀は後で俺のところに来なさい。」

???「起立、気をつけ、礼!」

一同「ありがとうございましたー」

玄太「はぁ...」

先生「おら、早く来い。」
先生「呼ばれた理由は分かってるな?」

玄太「入部先、ですよね。」

先生「ああ、そうだ。本入部まで時間が無いぞ、仮入部どころか見学も行ってないじゃないか...どうするつもりだ?我が校には帰宅部など無いぞ」

玄太「わかってます...今日こそ行きます」

先生「今日はどこか見学いくまで着いていくからな」

玄太「はい...」

そう、ここは部活が強制なのだ。
そんなことは入学前から知っていた。
説明会の資料で見たからだ。

ーーグラウンドーー

先生「そのまま校門にUターンしてくんなよー!」

玄太「さて...どこの部活から行くかな...」

ーーテニスコートーー

玄太「テニスいいよなぁ、女子可愛い子多いし見学だけでもして行くかな」

???「おっ、玄太じゃん!テニス部くるのか!?」

玄太「おっす、なんだ航平じゃないか」

こいつは園田航平。 見た目は結構イケてんだが根っからのオタクである。
お調子者でよく俺と一緒に説教される、今のところ一番の友達だ。

玄太「まあ、入りたくないわけじゃないけど...。」

航平「女子多いしな~、けどみんな彼氏持ちだぜ」

玄太「げっ、まじかよ...やっぱみんな中学の頃からいる感じか」

航平「ああ...まあ見学してけよ!」

玄太「いや、今日中に決めたいし色々見て回るよ、テニス部は経験者多くてきまづいしやっぱ遠慮しとくわ」

航平「おぅ!そっか、じゃあな!」

ーーハンドボール部ーー

玄太「あ、ここは無理だ」

ーー野球グラウンドーー

「ワ-ワ-ワ-バッチコ-イ」
「オ-ライオ-ライヘイヘ-イ」

玄太「うわ、さすが甲子園出てるだけあるな..レベルたけぇ...」

???「あっ!玄太くん!」

玄太「ん?あ、由紀じゃん」

こいつは高橋由紀
クラスの男子からの人気度はNo.1
ちなみに巨乳だ。

由紀「玄太くん、野球部来るの?」

玄太「いや、まあ一応野球やってたけど練習見てたら入る気失せちったわ」
玄太「由紀はもうマネージャーしてるの?」

由紀「うん!先輩たちみんな気さくで可愛いんだよ~、優しくて頼れるし面白いからもう通っちゃってる感じ!」

玄太「ははは、それは良かった。」

由紀「入部しないのかぁ..残念だなぁ...」

玄太「ん?まぁ、そろそろ違うところ見てくるわ!」

由紀「あ...うん!がんばって見つけてね~!」

ーーラグビーグラウンドーー

玄太「あっ、これはありえないわ」

ーー校内自販機前ーー

玄太「やっぱ見つからないなぁ...あと残ってる運動部は水泳、バドミントン、卓球、バレー、剣道、柔道、弓道、バスケ、陸上...どれも嫌いなものばっかりだな...」

先輩A「なー、誰か三十円貸してくれ!」

先輩B「はぁ!?またかよ、この前の120円まだ返されてねーし!」

先輩C「ま、まあ三十円くらいでそんな...僕が出すよ...」

先輩A「ありがとう!!!!!」

玄太「(あれは何部だろ...軽装な割には結構傷が目立つな)」

先輩B「あ、君新入生だね」

玄太「あ、はい!」

先輩B「入部先は決まった?」ニヤニヤ

玄太「いえ、まだですけど...」

先輩A「お前こっちこい!!!!」グイグイ

先輩B「うん、くるべきー」

玄太「えっ、ちょっ」

先輩C「本当、みんな乱暴だなぁ...」

ーー第1章 『入部先』 完 ーー

玄太『部活か...何にするか...』

玄太『部活か...何にするか...』

第一希望の高校に無事入学した 主人公 大淀玄太は 自分だけ入部先が決まらず焦っていた。 彼は中学の頃、一応バスケットボール部だったがみんなに着いていけず幽霊部員だった。 そんな彼、今度こそは運動部で成功したかったのだが...。

  • 小説
  • 掌編
  • 青春
  • 恋愛
  • 青年向け
更新日
登録日

CC BY-ND
原著作者の表示・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-ND