14

山田

ずっと君だけを見ていた
それはほんのすこしのうそだった

君が忘れていく夢を
ぼくは食べ続けて
お腹が痛くなって
それでも食べ続けて
君を失った

はなれていくこころを
君を変えてしまうことで
なかったことにしようとして
ぼくはぼくだけの君を求め続けた

いまはあれから何年目かの夏で
君の背はひまわりよりも高く伸び
君はぼくを知らないままで
しなやかに踊り続けている



150729

14

14

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-07-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted