好き。

二葉ゆう

普通の恋愛ものです。「普通」ですよ。

好き。

「さくら」
そう、私の名前を呼ぶ、あなたの声が忘れられないの。

「さくら」
2回目のデート、初めて名前を呼んでくれたね。
私も続けてあなたの名前を呼んで、見つめ合って、顔を赤く染めて笑ったね。

「さくら」
いつも、待ち合わせに遅れてくるあなた。
少し怒ったけど、実は小走りで来るあなたが好きだった。
そして、いつも、アイスクリームをおごってくれた。
私の好きないちご味。

「さくら」
花火大会の日。
絡まれていた私を「俺の彼女だから」と言って追い払ってくれた。
俺の彼女、その言葉で、不安も怖さも吹きとんだ。
花火が上がる瞬間のキス。
少しだけ、りんご飴の味がした。

「さくら」
最近、寝れなくて体調の悪い私を気遣ってくれたね。
大丈夫、と言ったけど、本当は傍にいて欲しかった。
「私は平気だから…」

「さくら」
泣きながら、また私の名前を呼ぶ。
もう、この世にはいない私を、悲しそうに、悔しそうに。
そうだよね。
だって、大丈夫だって言った日に死んじゃったんだもの。
ごめんね、嘘ついて。

「桜」
ああ、あの子とは違う呼び方。
彼女じゃない、幼なじみの私の名前を呼ぶ。
どうしてそんな顔をするの?
私があなたを殺めれば、大好きな「さくら」と一緒にいられるのに。
え?もちろん私も一緒に行くよ。
あなたの大好きな「さくら」になるために、あの子のことをもっと知らなくちゃいけないもの。
ずっと、ずーっと、あなたたちと一緒。
だから、ね?
行くよ?

「さくら」
そう、あの子を呼ぶ、あなたの声が忘れられないの。
いつか、「桜」を上書きできるように、今日も「さくら」と「あなた」の傍にいる。

好き。

「普通」ですよ。

小さな頃から、ドロドロ系のドラマを見てきた中3の私にとって、「普通」ですよ。(嘘です)

あ、ちゃんと次は純愛もの書きます!

「「普通」」ですからね!!

好き。

「普通」の恋愛ものです。

  • 小説
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-07-30

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted