竜凪

桐原 水刃

遠浅のおくを覗いて
一凪の祈りがふってくる
神経が乱反射して
交錯の血管を深め
(先駆ける)なにもない顔の増殖たち
ひとすくいの槍となる
泡に込める緑色の再現

意味淫らに凪ぐ
水平線になにかが視えるでしょ?
淡く、泡立つもの
緑色の亡霊
私は形のない竜を調べている、
それを複雑に形成する

言葉を発して槍だと思い
連結する集合体を世界だと睨み
どれほどの香り/泡立ちを滅してきたか、
先立つ水彩は跡を濁して
瞳は残されたものからの後退に凪いでいる

私は形のない敗北を
ひとつの劣等感で濁している、
続きのない戦争を
意味だらけの日常で
海のきらめきで濁している

竜凪

竜凪

  • 韻文詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted