砂漠のオアシス

砂漠のオアシス

シマリス

ギラギラと太陽が照りつける…ここは砂漠の真ん中。

ラクダも、かなり疲れているようだ…

旅に出る前に、街の商人は確か砂漠の真ん中に、緑と水が豊富なオアシスがあると言っていた。

本当なら、もう見えてもよいはずなのだが…旅人は残り少ない水を一口飲んで、あとはラクダに分けてやった。

それからラクダを優しく愛でて、『サァ、もう少し歩こう、しばらくするとオアシスが見っかるさ!』

自分を勇気付けるように、ラクダに語った。

目の前には幾重にも砂の山が連なっている。

商人は確かに、この辺りだと話していたが…旅人は疑心暗鬼に陥った。

商人はお金欲しさに、偽りの情報を渡したのでは…

オアシスなど、始めから、この砂漠には無いのでは…

目的の地、わたしの愛する女性が待つ町までは

この砂漠を横切るのが最短距離だと言っていた。

彼を信じた、わたしが愚かなのか…それとも彼を信じられない、わたしが不徳なのか…

ふと、足下を見ると、ラクダと人の人骨が砂山に無造作に横たわっていた。

愕然(がくぜん)とする旅人。

こんなところで、命、尽きるとは、やはりオアシスなど、ないのだ!

憤りと怒りが旅人の心に沸き上がった。

残り少ない水を飲み干したことに、後悔したが、もはや後の祭り…

わたしも、この白骨した旅人と同じ運命なのだと思い、もはや歩く気力を失い、その場に座り込んだ。

しかし、旅人は宿を出る前に商人から言われたことを思い出した。

『あなたが、砂漠の真ん中で、迷い途方に暮れた時には、この言葉を思い出してください。 』

『全ての欲しいものは、求めるときは与えられず、返って遠ざかります。
しかし、全てを、ありのままに、受け入れ、疑うことなく、自らを信じ行動し

希望を失わないなら、欲しいものは、おのずと、引寄せられるのです。』

『あなたが、予期しない時に突然、その時は来ます』

今は、この言葉に頼るしかいきる道はないと確信した旅人は

連なる砂山に圧倒されながらも歩みを進めた…

目の前にある、小高い砂山を、やっとの思いで越えた旅人の目に信じられない光景が映る。

旅人の瞳からは、一筋の涙がこぼれた。

『オアシスだ…』

砂漠のオアシス

砂漠のオアシス

『信じるものは救われる』言い古された言葉ですが、この一文には確かな真実が含まれています。引き寄せの法則は、全ての物事に影響力を与えています。この世の中でいちばん、大きいものは、あなたの心、そしてこの世で、いちばん、小さなものは、この大宇宙なのです。最も大きいものが、小さく、最も小さなものが、大きいのです。砂漠を行く旅人はあなたの人生観にどのように映り込むでしょうか~☆

  • 小説
  • 掌編
  • 冒険
  • 青年向け
更新日
登録日
2015-06-21

Public Domain
自由に複製、改変・翻案、配布することが出来ます。

Public Domain