そして冒頭に戻る

爆弾マリー

「んほぉぉぉぉぉぉ! おち○ぽしゅごいのぉぉぉぉぉぉぉぉ!」
 隣の独房からあられもない嬌声が聴こえてきた。
 地下牢の壁は相当に厚いはずだが、よほど女の声が大きいのか……そんなに、大きいのか!? 私は思わずごくりと唾を飲み込んだ。
 精神的に屈服させようという、オークどもの作略かもしれない。私は騎士の誇りにかけても、矜持だけは失わぬことを心に誓った。
 そのとき、独房の鉄扉の錠の中で、差し込まれた鍵がカチャリと回る音がした。
「くっ、殺せ。私は貴様らの様な下衆な輩に断じて屈したりしない!」

そして冒頭に戻る

そして冒頭に戻る

女騎士にありがちなこと(元ネタ: おーぷん2ちゃんねる「勇ましい女騎士が少しずつチ○ポに負けるスレ」)

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 青年向け
更新日
登録日
2015-06-19

CC BY
原著作者の表示の条件で、作品の改変や二次創作などの自由な利用を許可します。

CC BY