近未来小説「 Neo Border - The near future 」

近未来小説「 Neo Border - The near future 」

Mick

The near future <AIの涙と世界ユール>030後

 
       [ ユール ]とは --- 冬至の祭り



この流れの中12月初旬、
"Neoborder G連合"は、停戦協議が締結後にこの連合を解散し、新たに平和的な連合を組織する確約や、
有益な条約を提示し「Neo Border Company」に停戦を申し出ました。

これにより世界は一気に停戦に傾きはじめます



そして12月25日
世界を変える人類史上初めての世界合同ユール(冬至祭)が行われました。

"Neoborder G連合"

"ASG"系AI(Asir Side)

「Neo Border Company」

「Neo Border Company」系AI(Jotum Side)

"守護妖精「光の妖精 Light Fairy」"

"「闇の妖精 Dark Fairy」"

そして
すべての人々が
世界の平和を願いボードの前で祈りました。


この日、世界が思いをひとつにしたのです。


2028年1月1日

「Neo Border Company」の世界最大級特別管理区域の、城を模した要塞で停戦協定が結ばれました


    こうして人類史上最悪な最終戦争 「ラグナロク」"ラグナロク・1年戦争"が終結。


停戦協定会議場には各陣営の最高幹部と、
一番端には誰もが始めて見たであろう、
あどけない笑顔のAlice jonssonの姿が・


  ----------

半年後、ネット上に新しいボーダーが設けられました。
既存の国家、人種、民族、宗教を越えた精神の集合体・・・




これが "Neo Border"です

近未来小説「 Neo Border - The near future 」

近未来小説「 Neo Border - The near future 」

いよいよ最終話まじかになりました。(あと2話) これまでご愛読いただきましてありがとうございます。 人工知能はどんなに危惧されようと 必ず近い将来私たちの前にその姿を現します。 その時みなさんが目にするのは、 ターミネーターのように人々に悲劇をもたらす、 アイ,ロボットのようにロボット三原則を崩壊する、 アベンジャーズのウルトロンのように暴走する 人工知能ではなく、 プリティな女の子であったり、 クールな男の子であったり キュートな動物だったり、 そして、 ラブリィな妖精だったりします。 でも、 「それが本当は危惧しなければならない事」 と言う事を忘れないでください じゃぁまた^^/~ Let's meet again someday! ◆ Mick

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-06-13

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted