デッサン

不波 流

 彼は同じ画ばかり描き続けていた。石膏像のデッサン、それも同じ角度からのものを既に一五〇枚。もう半年も前から続いている。
「クリロ、どうだ? 今回は我ながらよく描けたと思うんだ」
 彼は足元の黒猫に話しかけた。クリロと呼ばれた黒猫は、そんな彼の言葉に何の関心も示さずに欠伸をする。彼は苦笑すると、コーヒーを入れるために台所に立った。
 その石膏像は出窓に置かれていた。窓から入る陽の光が、白い像に複雑な陰影を与えている。
「いくら描いても、終わりがないなあ」
 彼は誰に言うともなくそうつぶやいた。
「朝と夕暮れじゃ見え方は違うし、晴れの日と雨の日でも違う。一瞬の差で全然違うものに見えるときもある。僕に、その違いを描き分けられる力があればいいのに」
 火にかけたやかんから湯気が勢いよく吹き出し始めた。
 彼はきちんと折ったペーパーフィルターをドリッパーにかけ、戸棚から缶を取り出すと粉を入れた。ドリッパーに細く湯を注ぐと、たっぷりの泡が立ち、豊かな香りが部屋に立ち込める。
 一枚描き上げた後の、彼の習慣。
 これもいつまで続けられるのかな、と彼はふと考えかけてやめる。
 遠くからヘリのローター音が聞こえてくる。静かな午後だ。
 画学校が閉鎖されてから八ヶ月が経った。始め、彼は途方に暮れるほかなかった。二ヶ月後、自分の部屋の半分に、立ち入ることができなくなった。出窓に置いたままだった石膏像のデッサンを始めたのはこの頃だ。
 僕はきっと運がいいんだろう、と彼はコーヒーを口に運びながら思った。自分の部屋ですらままならないご時勢なのに、こうして自分の好きなことを出来ているのだから、と。
 どこからか、風を切る飛翔音が聞こえた。迫撃砲だ。着弾。重い振動が腹に響く。
「クリロ、こっちにおいで!」
 彼は黒猫を呼んだ。が、彼の友はそわそわした様子で窓際に移動した。
「そっちはダメだって! おいで!」
 彼が友を呼び寄せようと一歩踏み出すと、途端に出窓の石膏像が粉々になって飛び散った。
「くそ!」
 彼は怒りをあらわにした。半年間立ち入ることのなかった窓際に駆け寄り、叫ぶ。
「誰だ、僕の邪魔をするのは! こんなこと…」
 彼は、そこから先を言うことができなかった。
 がくりと膝を突き、そのまま床に崩れ落ちる。黒猫が彼を振り返る。
 額を撃ち抜かれた彼は、既に物言わぬ骸となっていた。向かいの建物から狙撃されたのだ。
 イーゼルに掛かっていた彼の最後のデッサンが、床に落ちる。
 黒猫が細い声で一声鳴いた。

デッサン

クリロ、というのは坂口尚『石の花』の主人公の名。

デッサン

彼は同じ画ばかり描き続けていた。石膏像のデッサン、それも同じ角度からのものを既に一五〇枚。もう半年も前から続いている。

  • 小説
  • 掌編
  • 青年向け
更新日
登録日
2015-06-03

CC BY-NC-ND
原著作者の表示・非営利・改変禁止の条件で、作品の利用を許可します。

CC BY-NC-ND