織り髪姫

佐伯寿和

大人になって思い出す、絵本を読んでいるような感覚がこの作品の原動力です。
ボンヤリとした背景を歩く浮遊感を持った作品になればと思います。

深い、深い森のただ中に、雲を衝くほどに大きな木が一本立っていました。
見ようによっては海にも見えるくらいに大きくて平らかな森でした。そんな森のただ中に立つたった一本の大きな木は、巨人の片足のように何人も近づけさせない違和感と威圧感に満ちていました。
大きな木は何もしませんでした。ただ、ただ高みから見える世界を見下ろしていました。人間が、世界が唱える神の名が幾度となく変わる光景を、大きな木は静かに見下ろしていました。
そうして大きな木は神様よりも沢山のことを知りました。ですが大きな木は何もしませんでした。
ただ、ただ高みから見下ろしていました。

何度、煌めく星々が漆黒の空に散ったでしょうか。たった一人、永い時の流れの中にいることに大きな木はようやく淋しさを覚えるのでした。

とても、とても広い森なのに、そこには誰1人住む者はいませんでした。
とても、とても大きな森だというのに、誰もこの大きな木のことを知りません。獣たちはおろか、商人も旅人も町の物知りも、魔法使いですらも。
森の周囲を、槍のように長く鋭い棘をまとった茨が城壁のように何重にも囲っているからです。
少し視線を上げれば見えているのに、誰も彼も恐ろしい茨にばかり目を奪われて大きな木には気付かないのです。それだけ森を囲う茨は生き物たちにとって危険なものに思われていました。
また、この茨はまるで鉄のように丈夫でした。剣や斧はこれを一本切り落とすだけでたちまち刃がこぼれて、使い物にならなくなってしまいました。火を放っても全く燃え移りません。
ですから、領土を拡げたい王国の軍隊も、職をなくして町にいられなくなったサルやウサギも、羽虫や小鳥さえも、この森にはチラリと目を遣ることもなく避けていってしまうのです。
だから何百年経とうとも、茨の向こうにそんな大きな木があることを誰も知りませんし、訪ねようと思う人もありません。
豊かな風と陽光、雨すらも人気のないこの森に降り注ぐことを嫌がる始末。

ただ1年に数回、空を旅する流れ星たちが長旅の疲れを癒すために、空高く伸びた大きな木の若葉の上で休み、休んだ若葉を黄金色に染めて去っていきます。ですが、流れ星は一時の流れ者。静かにやってきては静かに去るので大きな木は彼らがやって来たことなど知るよしもありません。
だから次の日になって、1枚の若葉がキラキラと煌めく黄金色になっていることが大きな木には不思議でなりませんでした。

そうして誰にも知られぬまま、気付かれぬまま、何千、何万年以上もの時間が流れました。それでも大きな木はいつの日かやってくるであろう話し相手が現れる日を心から待ち焦がれていました。
空よりも高く育った木は、見えるもの全てを憶えました。いつの日か誰かが訪ねてきて話題に困らないように。何億とある若葉に憶えさせました。
それでも、やっぱり誰かが彼を訪ねてくる気配などありませんでした。風が、太陽が、雨が、森の頭を撫でる。それ以上に変化のない毎日。

それは平穏な時間でもありました。誰にも邪魔されない健やかな時間で満たされていました。ですが、やはりどこかで退屈を覚えずにはいられません。

退屈な毎日の中にやってきたある日、大きな木は、とある一国の城下町の外れに不思議な人形店を見つけるのでした。

この広い世界で一人きりの大きな木には世界中のあらゆるものを見えていました。例え大地が丸かったとしても、その裏側にいるネズミのささやかな悪戯だって見逃すことはないでしょう。世界中のほとんどの人の名前だって言えます。
そんな大きな木が、とある城下町のとある人形店で起こっている不思議な出来事を今まで見落としていたということはどういうことでしょう。そのこと自体がとても不思議なことでした。
まず奇妙なことに、そのお店は小さな、小さな水路に向いて門を構えているのです。大事な、大事な店の看板もありません。
名無しの人形店の周りには、お店はおろか民家の一軒もありません。大通りで飛び交う店々得意の口上も、買い物をする女たちの華やいだ声もここまでは届きません。昼も夜も人形店に明かりが灯ることもありません。それなのに、なぜかお店には不思議な活気が漂っているのでした。

トンテン、カンテンと槌の音。ギッコン、バッタンと機の音。ペタペタ、ポンポンと刷毛の音。
通りに咲いた小さな花も、通りかかったトカゲやサルたちも、その人形店の小気味良い音と不思議な魅力に惹き付けられて窓越しにチラリと中を覗こうとしているようでした。
ですが、昼間だというのに店の中は薄暗く、奥の様子までは窺うことができません。ただ、作業音の陰から子どもたちの陽気な笑い声が聞こえてくるばかりなのです。

けれども、目の良い大きな木にはお店の中がよく見えていました。そこには明かりも点けず一人、製作に没頭する男の子の姿がありました。これまた不思議なことに男の子には手も足もありました。あるのですが、男の子越しに奥の景色が見えるのです。手も足もあるのですが、足音などの音は一切聞こえてこないのです。
そして何よりも不思議なのは、男の子が作った人形はたちどころに命を持って歩き回るのです。花のような笑顔でお店を芳しい香りで一杯にするのです。
大きな木はとても驚きました。何者とも知れない男の子が、神様にだってできないようなことを簡単にやってのけるのですから。

それからというもの、大きな木はその人形店を毎日眺めるようになりました。何億とある目のほとんどを人形店に向けました。
それに応えるかのように男の子は沢山の人形を作りました。羽のあるものからないものまで。尾のあるものからないものまで。色々な形の人形を。
男の子はそれらを布を使って、木の枝を使って、石を使って、粘土を使って、様々な素材を使って作っていました。

その姿を見て大きな木は思いました。
『自分の体の一部から人形ができたならどんなに嬉しいだろう。』
大きな木には足がなく、森の外にまで届くような大きな声がだせるわけでもありません。誰かが訪ねてくる以外に大きな木が人と接するなんてことはないのです。
だから自分の分身のようなものが、自分にできないことをしてくれたなら少しはこの寂しさも紛れるかもしれない。大きな木はそう思ったのです。
だからと言って、手足のない大きな木が人形作りなんてできるわけがありませんでした。
沢山のことを知っているのに、できることはとても少ないのだと気付く度に大きな木は少し気が沈むのでした。

そんな折り、怖いもの知らずの若い風が一陣、大きな木の根本を駆け抜けていきました。
するとその時、キラキラといつまでも色褪せない黄金色の美しい繊維が大きな木の目の前を花吹雪のように舞いました。世界のあらゆる事を知る大きな木ですが、その光景はまさに心奪われるものでした。
そうして幾千枚のそれ包まれた瞬間、大きな木は突然に浮かんだ経験のない閃きに心を踊せ始めるのでした。

幸いなことに、誰も近寄らないという大きな木のある森を大胆に駆け抜けることが近頃の若い風たちの間で流行っているようでした。大きな木はそんな彼らに提案するのです。
「誰が一番速い風なのかって?」
大きな木を起点に決まったコースを走り、誰が一番速いかを決めようと言うのです。血気盛んな彼らは進んでその提案を受け入れることにしました。
翌日から早速、彼らは毎日のように大きな木の言うコースを元気一杯に走り抜けるのです。彼らはただ、ただ自分たちの遊びのために無心に走りました。そんな彼らは知ってか知らずか、彼らの走った跡には黄金色の筋ができているのでした。
まるで黄金色の小魚の群れが広い青空を駆けているようにも見えます。
風たちが嵐のように走るので、町や村の人々は家に籠ってしまい、空を泳ぐ神秘的な小魚たちを見上げる者はありませんでした。

嵐の収まった翌日、あの不思議な人形店の男の子は店の表がやけに明るいことに気付きました。
「世の中には不思議なこともあるものですね。」
男の子が独りごちるのも無理はありません。連日快晴の嵐が続いたかと思えば、嵐の過ぎ去った後には店の前に見たこともない黄金色の若葉の山ができているのですから。その枚数は千や二千をくだりません。
男の子には心に決めた神様なんていませんでしたが、運命の巡り合わせのような出来事に僅かながらの使命感を覚えずにはいられませんでした。
そして、わざわざ自分にあてがわれるような使命なんて決まっているようなものだと男の子は自覚していました。

城下町の外れに住む、生きた人形を作ることのできる不思議な男の子。ある日、彼の店の前に黄金色の若葉が山のように積もっていました。
心奪われる若葉の煌めきはまるで真夜中の星空を見ているようです。突如として現れた若葉を前にして、男の子は導かれるまま、与えられた若葉を素材に人形を作ることにしました。

男の子は丁寧に若葉の葉脈を解きました。解いた葉脈を撚って糸にしました。すると、撚
り手に倣い、黄金色のそれはやはり不思議な魅力を持つようでした。もともとのそれに加え、雨雲の切れ間からこぼれる陽の光と見まごうばかりの、思わず手を差し伸べる儚さをも備えたものになったのです。
また、質の良さも格別です。その糸で織った布は、どんな上質な絹よりも肌触り良く、それでいてどんな上質な毛皮よりも丈夫なものになりました。
大きな国の王様がそれを羽織っていても少しも見劣りすることはないでしょう。

男の子は一日だって休みをとりません。朝も昼も夜も織りました。来る日も、来る日も織り続けました。それどころか食事もろくにとらない始末。
まるで、その美しさにとりつかれてしまったかのようなのです。
それでもなお、男の子の目付きはとても穏やかでした。それは、それはお腹の赤ん坊を愛でる母親のような目付きなのです。
いいえ、目付きだけではありません。作業するその姿勢はまさに愛撫そのものでした。
男の子は睫毛一本織るのに一月を費やし、瞼を織るのに二月を費やすのです。

「お・は・よ・う」
翌年、男の子の懐には可愛らしい女の子の頭がありました。女の子はとても好奇心旺盛でした。目を織り上げれば、辺りをキョロキョロと見渡し、口を織り上げれば男の子の一言一句をパクパクと真似ました。
男の子が女の子につきっきりなので他の人形たちは少し退屈です。
ですが、男の子があまりにも熱心になので、人形たちは自然と男の子の周りに集まり、女の子を見守るようになりました。手も足も鼻も唇も、自分たちよりも遥かに人間らしく、特別キレイに仕上がっていく女の子の様子を。
いつしか人形たちは皆、王様の人形でさえも、特別扱いされている女の子のことを『姫』と呼ぶようになっていました。
「姫」と呼ばれる度に、女の子はまるで本物のお姫さまのようにとてもキレイに微笑み、女の子に微笑まれた人形たちはとても幸せな気分になるのでした。
そうなると他の人形たちもまた、女の子が完成する日が待ち遠しくなっていくのでした。
太陽が沈み、月が昇らない日は男の子の傍らにロウソクを立てました。糸が尽きると、皆で若葉から糸を作りました。
人形店は機械工場のようにトンテン、カンテンと回り続けるのでした。

「おはよう、トンボさん。今日は何を見せてくれるのかしら?」
全身が織り上げられる頃には言葉遣いも仕草も町娘と何一つ変わらない立派な女の子になっていました。
また、他の人形たちはこぞって芸や知識を披露し、姫の笑顔を太陽のように輝かせ続けようと努めるのでした。男の子の手元から離れたことのない女の子は人形たちの刺激的な出し物にすっかり夢中です。
人形店の毎日は幸せが尽きませんでした。
それでも、特別な女の子の幸せの形は月日が経つにつれて変わろうとしています。
それは人形たちの出し物のためか、男の子の腕が優れているためか、はたまた黄金色の若葉のためか、心が織り上がるに従って、女の子の幸せの中には虹色の冒険心が渾々と湧き上がってくるのでした。

黄金色の若葉が男の子の店に届いてから、時は10年、20年の経過を告げたかもしれません。しかし、それすらも短いと感じてしまうくらいに女の子は美しく完璧に織り上げられていました。
容姿こそ7、8才の幼い女の子ですが、店の中を歩き回る姿はお姫さまとしか言いようがありません。
男の子も思わず、天使か妖精のようだと自賛してしましたし、類稀な傑作だという自信もありました。ですがその一方で、女の子の類稀な美しさは雪山の雪ように冷たく汚れのない不安となって男の子の中に降り積もるのでした。

男の子は店の外に出ることができません。彼を取り巻く人形たちがそんな寂しさを紛らわしていました。ですが、蒼や朱に染まる窓の外を見てはソワソワ、店の前を駆ける風の楽しげな足音を聞てはソワソワする女の子の様子を見て考えました。
「もしも、どこかの誰かがお前を連れていってくれるというのなら、店の外に出ることを許してあげるよ。
男の子には分かっていました。『女の子はすぐにでも自分の下を離れていく』ことが。始めは男の子もそれを望んでいたのですが、自分の手元からあまりに見事な女の子が育っていくので、そんな予感に反発する気持ちが勝っていったのです。

外を夢見る女の子は毎日、迎えがやってくることを星に願いました。ですが、いつまで経っても運命の巡り合わせはやってきません。
幾千の流れ星が女の子の目の前を通っても、彼らには女の子の話を聞いてあげるほどの暇なんてありません。女の子の可愛らしい声は悲しく空気の中に散るばかり。
そんな女の子の傍らで、自分は酷いことをしているのかもしれないと男の子は思うようになりました。ですが、こればかりは男の子にもどうしようもありません。
男の子もまた、女の子に聞こえないように、神様に聞こえるように、願う毎日になりました。

そんなある日、フラりと店の前を横切った意地悪な二羽の天使が女の子の願い事を耳にしてしまいました。楽しいことには目のない二羽は立ち止まり、ニヤニヤと立ち話を始めるのです。
「女の子は一体どんな冒険をしたいんだろうね。」
「それはもちろん、誰も聞いたことのないような冒険に決まっているよ。」
「刺激的だね。愉快だね。助けてあげよう。そうしよう。」
「だったらどうする?どこへ連れていこうか。何をさせてあげようか。」
「待て、待て。僕らは手を繋げない。でも一人きりじゃあ、家からも出してもらえない。つがいを探そう。そうしよう。」
「強い子がいい。クマ?タカ?シシ?」
「いや、いや。強いだけじゃあ、危険は乗り切れない。頭のいい子にしよう。そうしよう。」
「それなら伴侶も行き先も心当たりがある。どれ、耳を貸してごらん。」
天使は天使に秘密の、秘密の話を耳打ちをしました。神様にも悪魔にも聞かれてはならない内緒、内緒のお話です。聞いた天使はクルリ、クルリとその場を飛び回りました。
「それはいい。そうしよう。そうしよう。」
二羽の天使たちはその後もあれやこれやと楽しい遊びを思い付きました。

翌日の朝、一羽の意地悪な天使は嫌がる風の尻を蹴飛ばして、茨の海の上を走らせました。一羽の意地悪な天使は噂好きのタンポポの種を嫌がる風に咥えさせました。
風は茨の針にべそをかきながらも、走りました。
咥えられたタンポポは今までに見たこともない大きな木と、懐から伸びる黄金色のそれの姿をしっかりと目に焼き付けると早速おしゃべりのリハーサルをし始めたのです。

織り髪姫

気紛れな性分なので、連載にむらがあるかもしれませんが、頑張って続けますので最後までお付き合い頂ければと思います。

織り髪姫

誰にも相手にされない大きな木。永い時の中で1人きりの彼はちょっとした変化をいつまでも待ち続けています。 そうしてやってきた運命の日が、大きな木を起点に永い、永い物語を紡ぐのでした。

  • 小説
  • 短編
  • ファンタジー
  • 冒険
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-06-02

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted
  1. 1
  2. 2
  3. 3