どんなに

杉崎 晴近

どんなに言葉を尽くしても
伝わらない気持ちがある
どんなに行動してみても
届かない想いがある

すれ違った心にもう一度近づこうと
足掻けば足掻くほどに
さらなるすれ違いを招いていく

何をすればよかったんだろう?
何を言えばよかったんだろう?
後悔と自問自答の檻の中で
どんなに考えても答えはでない

どんなに

独りよがりに、人に依がる

どんなに

  • 自由詩
  • 掌編
  • 恋愛
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-05-14

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted