07

山田


あの子みたいにキバむき出しの
虎になりたかった

隠したキバはいつまでも
私だけを狙っていて

どこへも行けない歯がゆさが
私をいつも苦しめる

さよならはチョコレートみたいに
甘いし苦いしなのにとけない

ひとりぼっちのこころには
悪意だけが染みていく

つまらないと叫ぶ彼女には
私はただの捌け口で
それはでも私も同じだった

キバを隠して生き場をなくして
虎みたいなあの子に憧れる

つまらない
つまらない
そんなこと嘘でも言いたくない

それなのに。


1505090045

07

07

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-05-11

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted