p

映葉 小夜

影をなくした少年が、失った影を探して歩いている。
あどけなさの残る小さな口は、頑なに結ばれている。
黒曜石の目にときおり揺れる微かな光は、戸惑いとも祈りとも見える。
一歩ごと、じっと足元に目を凝らしながら、少年は歩き続ける。

足音も聞こえぬ静寂。いつからこうしているのだろう。歩調が速くなっていく。
焦りを隠すように、少年はますます口を堅く閉じ、懸命に目を凝らして歩き続ける。

 …ひと筋の光も差さぬ闇なのだ。
 影など見えはしないのに。

足元をにらみながら、少年はどこまでも歩いていく。

p

p

  • 自由詩
  • 掌編
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-05-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted