はじまり (消しゴムのカス その2)

葵 夕子

 混沌があった。
 揺れ、光り、さざ波を生じ。
 それはただそこにあった。

「お母さん、できたよー!」

 混沌に大きな秩序が生じた。
 それはあまりに突然の変異。それでも混沌は混沌のまま、一定の秩序に従い動き出す。
 それはまだ混沌だったが、やがて何かを生じる気配を抱き。

「お外に向かって吹いてね。」
「はーい!」

 混沌の中に、「世界」が生じた。
 混沌は「混沌」ではなくなった。
 突然の誕生に思えたが、それはかねてから予期されていたようでもあった。
 
 そして、「世界」は「世界」と衝突し、眩いばかりの光に包まれる。


「お母さん、見てー!小さいのと小さいのがぶつかって、大きいのになったよ!」
「ほんとだ、大きいシャボン玉できたねぇ。」
「あ、下に着いちゃう!」


 「ビッグバン」と呼ばれる爆発から誕生し、数多の生命をその中に宿した「宇宙」は、長い
長い年月を経て、再び混沌へと戻ろうとしていた。
                                      (完)

はじまり (消しゴムのカス その2)

宇宙って、きっとこんな感じで生まれたり消えたりしてるんじゃないかなーって。

はじまり (消しゴムのカス その2)

  • 小説
  • 掌編
  • ファンタジー
  • SF
  • 全年齢対象
更新日
登録日
2015-05-07

Copyrighted
著作権法内での利用のみを許可します。

Copyrighted